2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 雑誌を泥縄で漁る | トップページ | Heavy Lotation0514 »

泥縄Part2

 『美術手帖』3月号と今更ながら吉田憲司『文化の発見-驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで-』(岩波書店:ISBN4-00-026372-2)を購入。
 『美術手帖』を買ったのは芦屋市立美術博物館問題のためなんだけど、美術系では雑誌でも取り上げられるし、学会でも話題になっているのに歴史系学術団体の動きは鈍い(これは先日のシンポでも話がでた)。近世史・近代史関係の団体は何かしたんだろうか?
 それとも歴史系の人にとって、あそこは「芦屋市立美術館」なのか。
 それと『DOME』では詳報されたのに『ミュゼ』は何か鈍い。まあ、後者の方が刊行ペースが少し遅いのは確かだけど。
 でも、個人的には北の小さな資料館のことも気になる。

« 雑誌を泥縄で漁る | トップページ | Heavy Lotation0514 »

Museum」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

業界誌」カテゴリの記事

コメント

兵庫県立美術館は、「美術館・博物館はなぜ必要か?」のシンポジウムの主催に名を連ね、会場も貸しているけど、兵庫県立歴史博物館は何もしてないですね。そういえば。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/590468

この記事へのトラックバック一覧です: 泥縄Part2:

« 雑誌を泥縄で漁る | トップページ | Heavy Lotation0514 »