2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 掘り出し物 | トップページ | 輸入CD規制 »

知らないこと色々

 日本図書館情報学会のHPにLIPERというプロジェクトのページがある。
  LIPERはLibrary and Information Professions and Education Renewal「図書館情報専門職養成教育の再構築」という ことを表しているとか。いささか旧聞に属するが、昨年秋に行われた公開シンポジウム「美術館・博物館、文書館における情報専門職の開発と養成--現状と課題--」の概要が公開されている。今はガテン系なのでシンポジウムがあったということすら知らなかった私。ミュージアムにはいろいろな機能があるだけに、関係する研究団体も多く、情報を整理するだけでも個人では困難なところがある。

 シンポジウムの内容は美術館・博物館に情報専門職を置くことを制度的に保証すると同時に専門職の養成をどうするかという内容らしい(まだ、ちゃんとチェックしてないので)。私が住んでいる県の美術館は蔵書を来館者が利用できるシステムになっているので情報専門職が置かれているが、歴史博物館は蔵書を公開していないし、それ故に専門職はいない。これから出来る二つのミュージアム(陶芸・考古)ではどうなるのだろう。
 しかし、ミュージアムも求められることが多くなってくると、それに応えるためには常勤・非常勤(ボランティアも含め)を問わず専門職が必要になるのだろう。でも、昨今の情勢では「スーパー雑芸員化」が求められることもあり得る。どちらにしても、大変だ。
 でも、来館者にとってはきちんとサービスが受けられるかどうかが一番の問題で、対応してくれる人の職種なんて関係ないんだけどね。

« 掘り出し物 | トップページ | 輸入CD規制 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/626193

この記事へのトラックバック一覧です: 知らないこと色々:

« 掘り出し物 | トップページ | 輸入CD規制 »