2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 追加で到着 | トップページ | 兵庫県立歴史博物館 »

姫路市立美術館

兵舎→市庁舎→美術館という流れを辿ってきた歴史的建造物。
 アンドリュー・ワイエス展最終日。会場にラミネート加工された「鑑賞の手引き」が置いてあった。大人用と子供用が作られていたようだが、大人用の姿はどこにもなく、会場で手にしている人もいない。最終日だからこそ、そのあたりは気を配って欲しいものだ。
 展覧会は素描・スケッチ・コンテ・作品が並んでいたので、画家が作品を作り上げている過程の一端がかいま見れて面白かった。でも、フライヤーとかチケットに使われた作品から描いていたイメージよりも、実際の作品はトーンが暗かったのが意外と言えば意外。
040523152520.jpg
 玄関と企画展室の間にレファレンスコーナーがあった。前はなかったのにと思ったが、帰宅後、去年リニューアルしてからは初めての訪問になることに思い至った。

« 追加で到着 | トップページ | 兵庫県立歴史博物館 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/640239

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路市立美術館:

« 追加で到着 | トップページ | 兵庫県立歴史博物館 »