2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 姫路市立美術館 | トップページ | 今夜のB.G.M. »

兵庫県立歴史博物館

040523152753.jpg
 設計:丹下健三。デザインと機能性の両立は永遠の課題か?というのはここだけの問題ではないのでツッこんでもしゃあないけどね。
 企画展「江戸時代の絵画」開催中(6/6まで)。マニアックな点で「空前絶後」という評判もあった平成11年の特別展「狩野永納-その多彩なる画業-」に続くものらしい。特別展以降、発見された作品も展示されていた。
 今回の展示は全てが収蔵資料・寄託資料ということなので、過去の展覧会をきっかけとして、地元の文化遺産が博物館に収蔵・保存されるというプロセスがうかがわれて興味深い(他人事ではあるが、博物館実習で見学に来ていた某女子大の皆様にはこういうところを是非チェックして欲しいものです)。
 また、最後に沈南蘋関連作品を取り上げているところは、企画担当者が近世に海外から入ってきた「画風」がどのような伝播・拡散の仕方を見せるのかを意識してると捉えるのはうがちすぎであろうか。でも、門外漢には作品の背景が判らないのでつらい。来週の解説の日にもう一度来てみようかな。
 展示の内容とは関係ないのだが、美術館から来ると、理由のあることとはいえ展示室の暗さが際だちますねぇ。

« 姫路市立美術館 | トップページ | 今夜のB.G.M. »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/640246

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県立歴史博物館:

« 姫路市立美術館 | トップページ | 今夜のB.G.M. »