2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 少し遠出 | トップページ | 再び、騎馬民族 »

騎馬民族

知り合いからコメントと質問がついた。よりにもよって「騎馬民族」。
先月加入したと思ったら、今月から入会金がタダになった会員制情報検索サイトで検索してみた。遊牧系騎馬民族と非遊牧系騎馬民族(放牧・農業・狩猟等に従事)があり、大雑把に言うと前者の影響で後者が騎馬を取り入れたらしい。日本との関わりでは江上波夫の「騎馬民族征服王朝説」が有名だが、江上自身の言う騎馬民族の定義は融通無碍で、学説自体も厳密性に欠ける。江上説は皇国史観崩壊後の空白を一時なりとも埋めたという点に歴史的意義があったのだろう。だって、食い扶持の稼ぎ方によって社会体制が決まるなんて言うもんに比べて判りやすいし、オモロいからなぁ。

« 少し遠出 | トップページ | 再び、騎馬民族 »

Cultural Whispers」カテゴリの記事

コメント

回答下さり、ありがとうございます。
でも、頭悪いので、分かったような分からないような。
遊牧系が最初なら、馬が家畜になった当初は、
定住せずに飼育した訳ですね。
人間に馴らされる前の野生の馬って、
どう暮らしてたんでしょうね。
草を求めて移動してたんでしょうか。
それに合わせて、遊牧民も移動して、
馴らしていったんでしょうかねぇ。

今の日本だと、馬=サラブレット=競馬ですので、
競馬の飼育法しか思いつきません。
自分で調べたら、っていう事は、
言いっこなしで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/532206

この記事へのトラックバック一覧です: 騎馬民族:

« 少し遠出 | トップページ | 再び、騎馬民族 »