2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« DOME第74号 | トップページ | 散財 »

ミュージアムグッズ

 最近知った石田惣さんの日記、「学芸のためなら女房も・・・」で、特別展のグッズ制作の可否について、海洋堂に問い合わせた顛末について書かれている。海洋堂にフィギュアを頼むのはすごくハードルが高いようだ。
 このblogを始める直前、セブン・イレブン限定で清涼飲料水のオマケとして、荒俣宏:監修、海洋堂:制作の「新江ノ島水族館立体生物図録」がついていた。全18種類だが、うち3種類は新江ノ島水族館限定と言うことだった。つまり、コンプリートするには新江ノ島水族館に行く必要がある。その上、『月刊ミュゼ』64号によると、このフィギュアはガシャポン方式で何が入っているのか判らない状態で販売されており(定価200円)、当初入荷5万個が10日間で売り切れたとか。新江ノ島水族館は経営方式も含めてリニューアルされたのだが、グッズ一つをとってもかなりの金額が動いたのだなぁと改めて思った次第。 
Dsc00382.jpg

« DOME第74号 | トップページ | 散財 »

Museum」カテゴリの記事

食玩・他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/721018

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアムグッズ:

« DOME第74号 | トップページ | 散財 »