2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 月刊『あいだ』104号 | トップページ | 細見美術館 »

今週の音源(8/30から9/4)

 今週は都合により土曜も労働、来週月曜は代休。ハードロック、メタル系のトリビュートアルバムを聞き返してみた。

 V.A. / A tribute to JUDAS PRIEST ; legends of metal(1996)
 V.A. / A tribute to JUDAS PRIEST ; legends of metal Vol.II(1996)
 大手メタルインディーズCentury Media所属のアーティストによる直球系トリビュート。The Ripper、SinnerがあってThe Exciterがないのが少し不満。

 V.A. / Nativity in black ; a tribute to BLACK SABBATH(1994)
 V.A. / Nativity in black II ; a tribute to BLACK SABBATH(2000)
 OZZFESTが成功したためか、Ozzyがいた頃のBLACK SABBATHがアメリカを中心に盛り上がっている。Metal系というよりLoud系のアーティストが多い。リリース間隔が6年開いているためか、3曲重複している。Ozzyが両方とも参加している。
 
 V.A. / Made in tribute ; a tribute to the best band in a whole goddamn world!(1997)
 V.A. / A tribute to THE BEAST(2002)
 両方IRON MAIDENのトリビュートアルバム。前者は日本企画で、トイズ・ファクトリーが契約しているDeath metal系、Black metal系のアーティストによるもの。ただ、MAIDENサイドの了解がもらえなかったため婉曲的なタイトルになったようだ。
 後者は大手メタルインディーズNuclear Blast所属アーティストによるもの。私の持っている日本盤ではRAGEの代わりに陰陽座が参加している。新しい音源ばかりじゃないので、前者とダブっているのが2曲ある(THERION/Children of the damnedとDARK TRANQUILLITY/22.Acacia avenue)。
 
 V.A. / Encomium ; a tribute to LED ZEPPELIN(1995)
 V.A. / Stairway to heaven(1997)
 前者は90年代に脚光を浴びたアーティスト(ジャンル横断的)がゼップの多様性を表現したもの。それに対して、後者は80年代のUSメタルのアーティストによるゼップのハードロック的な部分を主に表したもので、対照的で面白い。でも、Achilles last standをやって欲しかった。
 ゼップに関しては、トリビュートアルバムだけではなく、元ネタ集といえるコンピレーション"Zeppelin Classics"(1992)がP-VINEからリリースされていた。

 V.A. / Kiss my ass ; classic KISS regrooved
 V.A. / 地獄の賞賛 ; KISS tribute in Japan
 何しろ、KISSは私をハードロックに引きずり込んだ存在なので、これはちゃうでというのもあるが、それでも結構面白かった。両方とも直球から変化球まである。中には他の球技になっている感じのものもあるけど、それはそれで面白い。LENNY KRAVITZを聞き出したのは、このトリビュートがきっかけだった。

 V.A. / Smoke on the water ; A tribute to DEEP PURPLE(1994)
 V.A. / Who do they think we are? ; A tribute to DEEP PURPLE from Japan(1996)
 前者は幾多の早弾きギタリストを送り出したSHRAPNELから出たもの。原曲に結構忠実と見せかけて弾きまくっている人もいる。後者は日本様式美の牙城MANDRAKE ROOTの主催者が関わっているだけあって、80年代ジャパニーズメタルの懐かしい人々が参加しており、完コピ度は前者より遙かに高い。ライナーを某専門誌編集長が書いています、これこそ「なんかちゃう」代物でした。

B.G.M. : V.A. / Lupin the third tribute album

« 月刊『あいだ』104号 | トップページ | 細見美術館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/1358010

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(8/30から9/4):

« 月刊『あいだ』104号 | トップページ | 細見美術館 »