2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 秋の展覧会(追加) | トップページ | 古代学研究 166 »

今週の音源(9/7から9/10)

 今週はプログレ系のトリビュートアルバム。でも、元のアーティストを聞き込んでないのに買ったトリビュートアルバムもあるというところが、我ながらええ加減である。

 V.A. / Supper's ready ; GENESIS tribute(1995)
 アメリカのプログレ系レーベルMagna Carta所属のアーティストを核に編まれたトリビュートアルバム。PINK FLOYD、YESときてGENESISということだが、YESの分は生憎持ってない。

 V.A. / A tribute to GENESIS ; The fox lies down(1998)
 アメリカのインダストリアル系レーベルCleopatraから出たもの。こちらはPINK FLOYD、KING CRIMSONときてGENESISということらしい。

 V.A. / The moon revisited ; PINK FLOYD tribute(1995)
 Magna Cartaレーベル所属アーティスト主体のトリビュートアルバム。これの面白い点は、PINK FLOYDの"Darkside of the moon"をそのままカヴァーしていること。

 V.A. / A tribute to KING CRIMSON ; Schizoid dimension(1997)
 Cleopatraから出たもので、私が持っている日本盤には契約の関係上DAVID CROSSによる"Exile"が収録されていない(泣)。このことを知ったのは日本盤買ってからで、1曲のためにオリジナル盤を追加購入する勇気がなかった。マニアにはなりきれん。

 V.A. / Encores,Legends & Paradox ; A tribute to the music of ELP(1999)
 Magna Cartaレーベル所属アーティスト主体のトリビュートアルバム。EMERSON,LAKE & PALMERは私にとってオールタイムベストアーティストの一つなのでやはり押さえておかないと。ということで当初は日本盤は出ないと言われていたので輸入盤を買った。ライナーを読み直してみるとKeith、Carlと3(THREE)を結成していたRobert Berryが参加しており、収録曲の半分のアレンジをしている(残り半分はMAGELLANのTrent Garder)。買った当時は全然気付いてなかった。

B.G.M.:SATANIC WARMASTER / Black Katharsis

« 秋の展覧会(追加) | トップページ | 古代学研究 166 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/1408348

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(9/7から9/10):

« 秋の展覧会(追加) | トップページ | 古代学研究 166 »