2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(2/7から2/10) | トップページ | 今週の音源(2/14から2/18) »

ようやく厳島

 会期終了間近になってようやく奈良国立博物館で開催中(2/13迄)の「厳島神社国宝展」をみる。
 一部ではあっても、平家納経が同時に5巻(1巻は般若心経とはいえ)展示されているので感慨も一入。でも、全体の展示点数は予想より少なめかな。
 展示とは別にスゴく気になっていることがある。会場で入手したチラシや『奈良国立博物館だより』第52号には、この展覧会に関係する公開講座が3回行われるとあるのだが、実際は4回行われたはず(HPではそうなっている)。ただ、4回目は開催日が変則だった(他の3回は土曜開催で、この回だけ日曜)ので急に決まったのだろうか?今度、本人にあったら直接聞いてみるべし。

 帰りに難波をぶらつく。タワレコ・無印・ジュンク堂が同じブロックにあって便利。といいつつも、大阪府立上方演芸資料館がジュンク堂の上にあったり、ライブ見に行った事もあるマザーホールが隣にある事を明確に認識したのは今日だったりする。大阪を離れて10年経つと土地勘も鈍りがち。
 ジュンク堂で狭い姫路の支店にはなかった『生きつづける光琳』とか『都市のなかの絵 酒井抱一の絵事とその遺響』を見つけて、さんざん迷った挙げ句、その隣にあった『光琳デザイン』(淡交社)を買う。MOA美術館の企画・監修なんだけど、光琳の部分は未見であるが東京国立近代美術館「RIMPA」展、乾山の部分がMIHO MUSEUMの「乾山」展を意識しているのかなぁ。MIHOの展示(図録の論考は別)は、展示を見る限りでは「乾山工房」の作品を初代乾山個人に集約させていたものだったけれど、「聖護院窯」の出土品はやはり2代目のものとして展示でも明示した方が良かったのではと改めて思う次第。

« 今週の音源(2/7から2/10) | トップページ | 今週の音源(2/14から2/18) »

Museum」カテゴリの記事

専門書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/2892719

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく厳島:

» 厳島神社国宝展 [Gloomy Twilight]
 災害支援で緊急の展覧会ではありましたが、しっかり図録も作られています。内容に新たな知見があるかどうかは、私の能力では判断できません。会場は老若男女で賑わってい... [続きを読む]

» 厳島神社 [良い子の歴史博物館]
宮島へは宮島口からフェリーで10分、大人170円の運賃は安い。 埠頭から厳島神社まで、海岸側か、土産物屋の多い通りを歩いて10分ぐらいである。 鹿がたくさんいる... [続きを読む]

« 今週の音源(2/7から2/10) | トップページ | 今週の音源(2/14から2/18) »