2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« ゴジラ | トップページ | ガンダム »

手作りの展示

harima 播磨町立郷土資料館で「春の夜の夢のごとし」(3/21迄)という展覧会を見る。手作りの良さと悪さが同居したような展覧会。「おまえが担当やったらもっと良うなるんか?」と言われたら「そうやっ!」なんて言えへんけど。
 ディスプレイの仕方が「厚化粧」で資料がデコレーションに埋もれている。照度が高い中でピンスポット使っても効果は少ない。日宋貿易というコーナーで「丹波焼の甕」・「東幡系捏鉢」は省いた方がいい(瀬戸内交易というか海上輸送を表現したかった?)。出張展示で展示サイドの職員が常駐してないせいか、ケース内のパネルがずれていても直していない。写真パネル類で所蔵関係が明示されていないものがある。
 何よりも、県立考古博物館(仮称)の先行展ということで、同じテーマに関する説明パネルが何種類も作って説明キャプションの見本市状態。すっきりとした展示をするより、ごちゃごちゃでもデータ収集優先なのか?
 そんな中で明らかに大人向けに設定された説明パネルにはフリガナが振ってあるけど、観覧者(年代を問わず)が普通に読むであろう説明パネルにはまったくフリガナがない。なお、資料の空隙を埋めるように置かれたキャプション類で一番目立たなく活字も小さいのが「資料名称」のキャプションというのはあんまりだと思う。
 展示資料をモチーフにしたスタンプや遊び道具は「展示とは関係なく」子どもの気を引くので、家族で来た時にはありがたい。ただ、スタンプを押すだけで「ワークショップ」というのは誇大表示だと思う。

« ゴジラ | トップページ | ガンダム »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/3366764

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りの展示:

« ゴジラ | トップページ | ガンダム »