2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 何とか一年 | トップページ | Shohaku Show »

新江ノ島水族館への誘い2

eno01昨年6月6日の記事でふれた荒俣宏:監修、海洋堂:制作の新江ノ島水族館フィギュア第2弾。
 今回のラインナップは13種類(ヒラスズキ・マサバ・クロホシイチモチ・クマノミウツボナヌカザメオオグソクムシタカアシガニミズクラゲフンボルトペンギン・オットセイ・バンドウイルカ・シャチ)。今回も水族館限定バージョン(ミナミゾウアザラシ・ナミダカサゴ)も用意されている。また、それとは別に「世界博物画立体図鑑」というフィギュアも販売されているらしい。フィギュアに添付されたリーフレットにも「博物画」が使われており、最近、今橋理子氏の著作によって江戸期の博物学への興味をかき立てられた身としては、その原画の方も気になる。

eno02
 併せて、開館1周年記念として特別展「【荒俣宏監修】造形水族館-海洋堂フィギュアリウム」(4/29から7/18)も開催されるようだ。
 ただ、関西に住んでいる私は江ノ島に行くこと自体が想定外なのだが、おみやげに新製品が出来るのはいいとして、フィギュアをコンプリートするという欲望はどこまで水族館を訪れる動機となるのだろうか?

« 何とか一年 | トップページ | Shohaku Show »

Museum」カテゴリの記事

食玩・他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/3898117

この記事へのトラックバック一覧です: 新江ノ島水族館への誘い2:

« 何とか一年 | トップページ | Shohaku Show »