2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« ディスクアニマル | トップページ | 神戸に来るんやぁ »

今週の音源(4/29から5/8)

 仕事も休んで10連休にしてみたものの、別に遠くに出かけるわけでもなく、だらだら過ごす。時間と財布の都合で行けなかったとこもあるが、それよりも毎日出かけるだけの体力がもうない、嗚呼。

今井奈緒子 / シャイトのアマランダ,ALM Records(1995)
 信州のとある美術館で購入。そこの美術館には小さいながらパイプオルガンが設置されおり、このCDはそのオルガンで演奏されたもの。

MARIE-CLAIRE ALAIN / Great Toccatas,Erato Disques(1994)
 ハーバーランドにSというCDショップがあった頃、自分の中ではパイプオルガン熱が絶頂を迎えていた。オルガンものは欧米ではポピュラーな感じだが、日本ではそれほどでもないように思う。ある意味、宗教的色彩が強いと言ってみればそれまでだが、少なくともクリスチャンでない自分には日常の楽器でないことは確かだ。
 この人もヴァルヒャやコープマンと同じく、何回もバッハ全集を録音していて、3回目の分がセット(13枚)でお買い得なのだが・・・。

THE STRANGLERS / The Collection 1977-1982,東芝EMI(1998)
 世の中がパンクのことをニューウェーブと呼んでいた頃、好きだったバンド。前にもちょっと書いたが、京大西部講堂で開かれた来日公演がライブの初体験だった。

IRON MAIDEN / Eddie the Great,東芝EMI(2002)
 N.W.O.B.H.M.を代表するバンド。このバンドが売れ始めた頃は、音楽雑誌を買うのを止めていた頃なので、何で聞き始めたかが記憶にない。今は亡きワルツ堂est1店でジャケ買いでもしたのが切っ掛けだろうか?
 昨今、はやりのロック回顧雑誌では70年代初頭のプログレッシブロックと80年代初頭のメタルが無視されていて悲しい。

ORPHANED LAND / Mabol,Century Media(2004)
 イスラエルのバンドで、とあるサイトのレヴューで見て名前を知り、「りずむぼっくす」で手に入れてハマる。

TIAMAT / Judas Christ,Century Media(2002)
 歴史のあるバンドなのだが、このアルバムが最初に聞いたもの。「黄昏の響き」にも挙げたvote for loveのビデオを見て購入。

RAIN FELL WITHIN / Refuge,Dark Symphonies(2001)
 解散してしまったけど、とてもアメリカのバンドとは思えない。エヴァネッセンスが売れた今なら受け入れられたのかも知れない。

DISSECTION / Storm of the Light's Bane ; Where Dead Angels Lie,Nuclear Blast(1995)
 思想的にはblack metalだけど、音はmelodic death metalでかっちりとしている。最近、復活したけどアルバムはまだみたいだ。

LED ZEPPELIN / IV,Atlantic R.C.(1971)
 高校の文化祭で同級生のバンドがRock'n Rollをやっていた(alibi,hell bent for leather等も)。『指輪物語』を読んだのも、渋谷陽一編集の雑誌でこのアルバムの解題みたいな記事に出てきた事が切っ掛けだった。

« ディスクアニマル | トップページ | 神戸に来るんやぁ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/4044997

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(4/29から5/8):

» ORPHANED LAND / EL NORRA ALILA [変態のつぶやき]
はじめまして! Satyriconを検索してたのですが、記事が見付からず TBで、失礼します!!(^O^)/ [続きを読む]

« ディスクアニマル | トップページ | 神戸に来るんやぁ »