2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 月刊『あいだ』118号 | トップページ | 新規開館 »

今週の音源(11/7から11/11)

 合宿終了、次はかよひ。早起きは苦手なので、居眠り運転には気をつけねば。
 雑誌を読んでいて物欲を刺激され、久しぶりに輸入盤を何枚か買う。しかし、注文していたBlack metalの新譜が発送予定日を過ぎても届かなかった、orz。

JODY GRIND / One Step On(1969:?), Transatlantic(Akarma)
 再発したイタリアのレーベルのミスだと思われるが、ジャケットや盤面に印刷された曲順が間違っていたり(盤面ではband名も間違ってる、GIODYってイタリア訛りか?)、Voのクレジットがなかったりする。
 が、音の方は見事にツボに嵌った。ブラスアレンジやTim Hinkleyのジャジーなオルガンが良い。オリジナル曲じゃないが、1曲目の組曲の一部に組み込まれたり、bonus trackとしてsingle versionが収録されているROLLING STONES「Paint It Black」のカヴァーがカッコいい。原曲よりテンポ速め、ギター突撃、オルガン咆吼、ドラム疾走、ブラス爆発、ヴォーカルもヨレ気味に絶叫。「黒くぬれ」と言えば、高山宏『黒に染める』をようやく読了。

LEVIATHAN / S.T.(1974:?), ?(Akarma)
 JODY GRINDと同じレーベルから再発されている。オリジナルレーベルは調べなかった(面倒だし)。
 雑誌の記事には「メロトロンの洪水とバカテクリズムセクションの合間をロバート・プラント似のVOが歌いまくる」とあったが、それなりに的確な表現。メロトロンしてます、全く。

DRACONIAN / Where Lovers Mourn(2003), Napalm Records
 知らぬ間にアマゾンの「おすすめ」上位に上がってきたバンド。カスタマーレビューの他、普段覗いているゴシックメタル系のサイトで内容をチェックして購入。新鮮味とかはないけど、男声デスヴォイス+女声ソプラノでゴシックメタルの様式をきっちり守っていて、安心感はある。

VAN DER GRAAF GENERATOR / H To He Who Am The Only One(1970:2005), Charisma(Virgin)
 私にとって「まだ見ぬ強豪」だったVDGG。初期の傑作として名高い「天地創造」を購入。リマスター・紙ジャケ・ボーナス付。Peter Hammillの声と楽曲のスリリングな展開がすばらしく、高評価が与えられていることに納得。

« 月刊『あいだ』118号 | トップページ | 新規開館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/7044253

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(11/7から11/11):

« 月刊『あいだ』118号 | トップページ | 新規開館 »