2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 今週の音源(12/26から12/28) | トップページ | 私的展覧会ベスト5 »

月刊『あいだ』120号

 スミレを探しに-国立国際美術館新築1周年記念連続シンポジウム「野生の時代 再考-日本美術史」見聞記/北村淳子、右傾化に抗して-[日韓/韓日 五世代の対話]展を機に韓国人作家・安星金さんに再び聞く/古川美佳、《ラウンドテーブル2005》身につけた前衛精神/有馬 敲、《再録》『美術批評』誌に、こんな意見もありました/編集部、あいだのすみっこ不定期漫遊連載37 Anchi'io son'pittore! 余もまた画家なり、ぼくかて画家です-黒田重太郎覚書(下)/稲賀繁美、《忙中閑話》アーティストという「職業」/編集部

 シンポジウムの記事が興味深い。最近疲れているせいか、ちょっと好奇心も低下気味だ。そういう時は強制的に情報が流れてくる(後追いであっても)活字媒体の定期購読はまだまだ捨てがたいものがある。

« 今週の音源(12/26から12/28) | トップページ | 私的展覧会ベスト5 »

業界誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊『あいだ』120号:

« 今週の音源(12/26から12/28) | トップページ | 私的展覧会ベスト5 »