2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(1/23から1/27) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »

国立民族学博物館

060128120830.jpg 旧国際美術館跡が駐車場に。次は此処に停めよう。あとで見た説明書によると、民族学博物館と民藝館は有料エリアに含まれたらしいが、ゲートが開けられていて博物館には「自然植物園」の料金を払わずにはいることができた。元々、博物館の入館券をゲート前で買えば入園料は無料になるシステムだったのだが、この日は小中学生の無料入館日にあたっていたことから、無料ゲートが開放されていたのかも知れない。
 みんぱくでは無料エリアで「年末年始展示イベント【犬】」を開催中(1/31迄)で、企画展として「模型で世界旅行」展(2/28迄)も行っている。
【犬】では仮設ケースが少し不安定で、資料の中には、展示プレートの端まで移動しずり落ちそうなものもあった。完全密閉型の仮設ケースなので、手直しするのもままならないようだ。
 「模型で世界旅行」展は面白いのだが、JICA絡みの事業と言うこともあって、「模型」として展示されている地域と展示には現れない地域があるという現実もかいま見せられた。なお、会場入口の模型製作会社によるプレゼンとしか思えない模型群には展覧会の趣旨にそぐわないものと感じるものもあった。確かに展示資料自体が模型製作会社の所蔵品なのかも知れないが、無くても良かったのではないかと思う。
 常設展をぶらぶらしていると新しい情報端末が設置されていた。展示の背景に関する説明が項目ごとに行われているだけではなく、日本語による関連図書も紹介されていて便利である。ただ、やや刊行年度が古いものもあるので、確認はしていないのだが、常設展最後の情報コーナーの図書として開架されていれば更に良いのではないだろうか。

« 今週の音源(1/23から1/27) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/8377475

この記事へのトラックバック一覧です: 国立民族学博物館:

« 今週の音源(1/23から1/27) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »