2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« シンポジウム | トップページ | 今週の音源(4/24から4/28) »

黄金週間2006

 中日を埋めて、連休にするつもりです。博物館勤務の時には出来なかった事です。ただ、毎日ミュージアム巡りをする体力も財力もないので、連休中に行くのは4個所程度になりそうです。

赤穂市立海洋科学館
 仔虎が遠足でいったものの、「展示を見る時間が少なく」てご不満だったという事で再訪を強く希望していたので、ゴールデン・ウィーク第1弾はここ。自然系は子どもに手を引かれないとなかなか行く切っ掛けがないというのが正直なところ。

京都国立博物館
特別展「大絵巻展」(6/4まで)
 この前のシンポジウムではこの展覧会に関して、準備段階が京博らしからぬものだったとの発言がありましたが、評価の定まったものばかりでも本物を見るという事で。でも、混んでいるかもしれない。友の会会員も見学の際に更新予定。

奈良国立博物館
特別展「大勧進 重源」(5/28まで)
 京博の次はここに行こうと思う。ちょっと強行かもしれないが、3daysチケット最後の1日を有効利用しよう。

国立民族学博物館
特別展「みんぱくキッズワールド」
企画展「さわる文字、さわる世界」
 ここは交通費もかかるので無料入館日に行く予定。旧美術館跡が駐車場になって、車を降りてすぐに見学できるようになった。駐車場が埋まる前、開館時間頃には着きたいので、ちょっと早出(まあ、エキスポランド側の中央駐車場から埋まると予想はしていますが)。

 兵庫県陶芸美術館の「バーナード・リーチ」(5/28まで)と人と自然の博物館の「古生代の世界」(6/11)は連休明けになる模様。神戸市立博物館の「江戸の誘惑」(5/28まで)も開館延長(+時間年休)ねらいで行くしかないかも。

 福井市から大阪市に移られたsoishidaさんのblogを見ていたら、京都国立近代美術館で開催中の「フンデルトヴァッサー」展の情報が・・。京都には行くが、寄れそうにない。秋から連続して気になる展覧会が開催されるみたいなので、その時に図録が残っていたらゲットしよう。
 blogでふれられていた大阪市環境事業局舞洲工場(エントリの主題はこっち)については泉州に向かう高速道路上から見学予定。同じくフンデルトヴァッサーがデザインしたキッズプラザ大阪についても「夏休みの課題」という事にしておこう。その際にはこの春本館がリニューアルした大阪市立自然史博物館まで足を伸ばしたいものです。

« シンポジウム | トップページ | 今週の音源(4/24から4/28) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/9778525

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金週間2006:

« シンポジウム | トップページ | 今週の音源(4/24から4/28) »