2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(4/10から4/14) | トップページ | ミニプラ ゴーゴーダイボウケン »

姫路文学館

姫路文学館
 雨の中、「松谷みよ子の世界」展の見学に来ました。これは仔虎がチラシを持って帰って来たことで開催を知ったもの。
 駐車場がいっぱいだったので、何事かと思ったら、今日は講演会の日でした。
 展覧会のコピーには「モモちゃんを読んでみんな大きくなりました」とあるのですが、うちの家族は誰も「モモちゃん」を読んでいませんでした。私にとっては「龍の子太郎」・「ヤマンバの錦」が松谷体験で、民話研究家というイメージが一番大きかったのでした。

« 今週の音源(4/10から4/14) | トップページ | ミニプラ ゴーゴーダイボウケン »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/9604343

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路文学館:

» 松谷みよ子の世界 [Gloomy Twilight]
 特別展示室が考古系展示のように資料で溢れていた。「モモちゃん」の人形を除けば、平面資料(パネル・書籍・書簡など)が多いという事もあるが密度はかなり高い。  展示目録はなく、図録もない。ただし、図録に変わるものとして黒姫童話館発行の『童話の森通信Vol.9』(...... [続きを読む]

« 今週の音源(4/10から4/14) | トップページ | ミニプラ ゴーゴーダイボウケン »