2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 『月刊ミュゼ』77号 | トップページ | 京都国立博物館 »

今週の音源(7/24から7/28)

 梅雨空から一転して強烈な日差し。急激な変化に身体がついていかず中途退場者が続出する。その中に自分が入らないように気をつけよう。
 メインマシンは相変わらず98SEだが、サブマシンがXPになり、iTunesが使えるようになった。そして携帯電話買換あるいはiPod購入に備えて、ACCデータをため込み始めた。
 cdのデータが表示された時に、WMPとiTunesでは感じかかなり違う。マイナーなcdをWMPで聞くと、無事にデータが表示されてもデータ提供先が「ユーザーからのフィードバック」となっているのだが、iTunesではデータの提供先自体が表示されないようだ。ただ、データの表記にバラツキがあるので、企業提供のものとユーザー提供のものが混在しているのは確かなようである。なお、とあるグループのデータでは、アルバムタイトルの冒頭にわざわざ発売順(1stとか2ndとか)を付加しているのだが、3枚目と4枚目のアルバムのあいだに発売されたベスト盤を7枚目と表記するといった誤りもあるし、同じアルバムでも日本語表記と英語表記の重複データが存在しているものもあるようだ。。
 iTunesが配布されだした頃、日本のインディーcdのデータがデータベースにあったことに「さすがApple」と無邪気に感動していた記事を何処かで見たが、これはAppleがスゴいというのではなく、単にこのcdを持っていた別の人がiTunesを使っていたということなんだろう。
 それとiTunesでは一般的にデータのジャンル分けが大雑把なようだが、マイナーなものではデータを提供した人の思い入れが感じられるジャンル分けがあって面白い。「Pure Depressive Black Funeral Doom Metal」と自称するNORTTのジャンルが「Children's Music」になっていたり、PORCUPINE TREEが「Alternatives & Punk」と表記されると、ツッコミを入れたくなる人もいるのではないだろうか。
 今週は買ったばかりの音源とblack metal系を選んだ。
CELTIC FROST / Monotheist(2006) / Century Media
PORCUPINE TREE / Deadwing(2006:2005) / WHD Enterteinment
NORTT / Gudsforladt(2004) / Diehard

IMPALED NAZARENE / Ugra-Karma(1998:1993) / Osmose Productions
 このディスクは何だかおかしい。PCやCD-Walkmanで読み込むと素直にスタートしない。bonus tracksを含め14曲あるはずが12曲としか表示されない。

« 『月刊ミュゼ』77号 | トップページ | 京都国立博物館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/11133359

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(7/24から7/28):

« 『月刊ミュゼ』77号 | トップページ | 京都国立博物館 »