2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(1/22から1/26) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »

科学館へようこそ 関西~京都・大阪・神戸・・・の科学館ガイド』

編集:科学同人編集部 発行:(株)科学同人
発行日:2006/05/01 ISBN4-7598-1056-0
 最近、理系ミュージアム(具体的には神戸市立青少年科学館)にも連れて行けとせがまれるので、『科学館へようこそ』を姫路科学館のミュージアムショップで買って予習することにした。
 切っ掛けを作るためのガイドブックとしては悪くないとは思ったのだが、読み進むうちに違和感を感じた。まあ、私が感じた違和感は大きく二つあって、結論的には編集者が何を「科学館」としているのかが、イマイチ理解できないことにつきる。こうした思いは、この本を買った読者の多くと共有できないだろうなとは思うもののの、感じたままに羅列してみたい。

1.これって「科学館」なの?
 紹介記事があるものでは、月桂冠大倉記念館、UCCコーヒー博物館、宝塚市立手塚治虫記念館、リストに掲載されているものではCAMP大川センター、造幣博物館、日本玩具博物館等(あと、微妙だなぁと言うのも幾つか)。
 産業系企業ミュージアムをここまで取りあげるなら、せめて巻末リストに挙げるべきものが幾つかあるように思われる。
 私自体が科学系・企業系博物館に不案内なので、地元贔屓的にはなってしまうが、酒造業で資料館を持っているのは月桂冠だけではないし、食べ物関係ではグリコピアはどうなるとか、キッズプラザ大阪やビッグバンがリストに載っているなら、何故篠山市立チルドレンミュージアムは載っていないのだとか、大阪ガス科学館を載せるなら、同社の姫路ガスエネルギー館を無視しているのは何故(この二つの施設は規模の違いはあるのかも知れないが、機能的にはほぼ同じである)とか、ツッコミどころは満載である。

2.動物園は「科学館」じゃないの?
 植物園・水族館・昆虫館は、紹介記事があったり、巻末リスト掲載されているのだが、動物園が完全に無視されている。今回、一番の疑問点はこれ。今さら載せるまでもないと思ったのか?でも、ジーンバンクとしての動物園の機能とかは今日的な問題だと思うし、この本が出た昨年は天王寺動物園の「生態展示」がグランドオープンした年でもある。それに本書の体裁(科学館とはお題目で実質は家族向け施設案内)からしても、動物園を排除する理由がわからない。
 ちなみに、水族館でも養父市のアユ公園水族館(日本一小さいがウリだが、『水族館の通になる』によると「日本一小さい」を標榜する館はいくつもあるらしい)には目が届かなかったらしい。

3.地元施設に関する細かいツッコミ
 まあ、この本が姫路科学館のミュージアムショップに置いてあったのは、当然の事ながら同館の紹介記事が掲載されているから。ただ、隣接する宿泊型児童館「星の子館」(反射望遠鏡による観察会が開かれるところ)を欄外に紹介するだけだとか(要予約と書くなら、リストに載せるか連絡先を併記するのが親切なのでは)、ビッグバンやキッズプラザ大阪とは違って料金がかからない分施設が○○な「県立こどもの館」も科学館の周辺地図にドットを落とすだけでなく、リストに載せといて欲しいものだ(大阪と京都では児童館の類もリストアップしているのに)。
 阪神・淡路大震災記念人と防災未来センターをリストに載せているのであれば、淡路市北淡震災記念公園(野島断層保存館+体験資料館)も載てほしかったなぁ。まあ、兵庫県に限らず各地の防災センターでも展示や体験に力を入れているみたいなので、そのあたりも含めてリストアップした方が良かったのでは。

 最初にも書いたが、ガイドブックは「切っ掛け」になれば良いのだけれど、羊頭狗肉だったり、読者の自助努力を期待するようなつくりかたは控えて欲しいものだ。

« 今週の音源(1/22から1/26) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »

Museum」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/13674294

この記事へのトラックバック一覧です: 科学館へようこそ 関西~京都・大阪・神戸・・・の科学館ガイド』:

« 今週の音源(1/22から1/26) | トップページ | 今月の本・雑誌(1月) »