2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 大阪府立近つ飛鳥博物館 | トップページ | 今週の音源(5/1から5/5) »

国立民族学博物館

国立民族学博物館
 日本万国博覧会記念機構の駐車場捌きの拙さに呆れつつ、やって来た。吹田出口を下りて車を停めるまでに1時間かかってしまった。
 そんな事はさておき、本日は無料観覧日。ちゃんと特別展「聖地巡礼」も無料。特別展をざっと見た感想は巡礼という「行為の展示」になっていたなぁという事。リーフレットのデザインにも巡礼手帳(ご朱印帳兼身分証みたいなもの)が取り入れられていた。だだ、四国巡礼が思った以上にオマケじみていた。インタビューを見るPCもスペインが3台で四国は1台だったし。
 仔虎と仔龍は子供の日の特別イベントに参加して、「MMP遊び隊」の人達に面倒見て貰って、良く遊んでいた。「遊び隊」のワークシートの他に、開館35周年を記念して、中学生以下対象で「見どころワークシート」(2ヶ月更新)というのも今年は登場していて、見学後に使用したワークシートを見せると記念品が貰えるシステム。
 ミュージアムショップが模様替えされ、友の会のカウンターもできていた。会費が知らない間に\10,000から\13,000に。3ヶ月に1回くらい博物館を見学し、送付されてくる刊行物(季刊『民族学』と月刊『みんぱく』)を考えれば、充分元は取れると判っていても入会する決心がつかない(まあ、友の会主催の研修旅行に行く財力も暇もないこともあるし)。
 みんぱくは我が家にとって楽しい場所であるのは確かなのだが、デカい所は潜在的な馬力がスゴいので、ちょっと舵を切るだけで大きく方向転換できるのだなぁと思ってしまう。小さいとことは小回りがきくし、結局は県立あたりがかなり覚悟を決めないとじり貧になってしまうのか・・。

« 大阪府立近つ飛鳥博物館 | トップページ | 今週の音源(5/1から5/5) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/14960523

この記事へのトラックバック一覧です: 国立民族学博物館:

» 四国高速バス [日記]
勉強になりました。 書き込み失礼しました [続きを読む]

« 大阪府立近つ飛鳥博物館 | トップページ | 今週の音源(5/1から5/5) »