2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(9/18から9/21) | トップページ | 姫路市書写の里美術工芸館 »

美麗 院政期の絵画@奈良国立博物館

美麗院政期の絵画@奈良博
 鑑賞時間があまり取れないかもと思いつつも家族で奈良国立博物館へ。今日は「夫婦の日」で、親の分の入館料は半額、お得なである(小中学生は常に無料)。それにしても何だが吹っ切れたような展覧会タイトルである。
 この時期の仏画は確かに綺麗だと思いつつ、仔虎と仔龍の手を引いて鑑賞する。単眼鏡のおかげで、二人ともかなり集中力が続いていた。特に仔龍の名前の由来となった孔雀明王図はしっかり見せる。仔龍は正面観ではなく、斜めから描かれた普賢菩薩が気に入った様子。なかなかお目が高い。
 妖怪好きの仔虎・仔龍は「地獄草紙」とか「辟邪絵」類に興味津々。
 有名な作品が多いため、別の展覧会に出陳されていたものもあるが、良いものは何度見ても良い。そんな中で、醍醐寺蔵善女龍王の白描図を発見。やっぱりオッサン姿だ。

 博物館を見学後、東大寺によって大仏と対面、猿沢池で亀と戯れたあと帰路につく。

 帰りに西大寺別院にある恩師の墓に参り、日頃の無沙汰を詫びる。

« 今週の音源(9/18から9/21) | トップページ | 姫路市書写の里美術工芸館 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/16537859

この記事へのトラックバック一覧です: 美麗 院政期の絵画@奈良国立博物館:

« 今週の音源(9/18から9/21) | トップページ | 姫路市書写の里美術工芸館 »