2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 姫路市書写の里美術工芸館 | トップページ | 今週の音源(9/25から9/28) »

加古川総合文化センター

 先日、書写の里美術工芸館を訪れた時、ここの博物館部門のチラシを見つけ、少しばかり嬉しくなった。

 チラシは特別展「東播磨の文化財-加古の流れの中で」(10月6日から28日)の開催を告知する内容だった。この館では8年くらい前までは、考古から仏教美術、近世絵画に至るまで地域の歴史を取りあげた特別展が毎年のように開催されており、展覧会図録もしっかり出版されていた。担当学芸員の方にお会いした時も、まだまだネタはあると語っておられた。それが予算の縮小によるものか博物館部門の特別展が突然休止されており、今回の特別展はほんとうに久しぶりのものになるからだ。

 今回の特別展が一度限りのものなのか、毎年とはいかなくても今後とも継続していくものなのかは判らないが、加古川市では文化財ボランティアの養成にも力を入れているようなので、地域の歴史や文化財を顕彰・継承していく切っ掛けとなって継続されることを願う。

« 姫路市書写の里美術工芸館 | トップページ | 今週の音源(9/25から9/28) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/16592442

この記事へのトラックバック一覧です: 加古川総合文化センター:

« 姫路市書写の里美術工芸館 | トップページ | 今週の音源(9/25から9/28) »