2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(2/12から2/15) | トップページ | 今週の音源(2/18から2/22) »

岡部嶺男展@兵庫陶芸美術館

 「青磁を極める」というサブタイトルに惹かれて、見学に行った。作家については予備知識が全くなく、会場で年譜を見て、少し驚く。あの事件の関係者だったのか。

 それは兎も角、個人的に弱い(好きな)やきもののキーワードと「窯変」とか「青磁」とかがあるのだが、そう言う意味では楽しめた展覧会だった。

 回顧展ということで、作陶生活を一覧する展示となっていた。瀬戸・美濃だけではなく色々なやきものを焼いた人だったようだが、それでも「カノン」として桃山陶器を抱き続けた人だったような気がした。

 「縄文」シリーズの野生、青瓷のステキな二重貫入、灰釉の花器などの口縁の乱した終わり方も良いのだが、解説によると「テストピース」でもあったというぐい呑み達が何とも良い味を出していたように思う。父のコレクションに別の作家による「油滴天目風窯変ぐい呑み」があるのだが、あれも一種のテストピースだったのだろうか。

 ところで、私にとっては「天目」とは形なのだが、展覧会では基本的には「釉」で場合により形も含めるという扱いだった。他にも、作品そのものの評価とは全く関係ないが、作家自体が「縄文」とか「縄蓆文」をいう言葉で作品を表しているのも、同じ言葉を普段別の意味で使っているので、ほんの少しとまどってしまった。 

« 今週の音源(2/12から2/15) | トップページ | 今週の音源(2/18から2/22) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/40147510

この記事へのトラックバック一覧です: 岡部嶺男展@兵庫陶芸美術館:

« 今週の音源(2/12から2/15) | トップページ | 今週の音源(2/18から2/22) »