2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(3/24から3/28) | トップページ | 小堀遠州 美の出会い展@大丸ミュージアム神戸 »

縄文@兵庫陶芸美術館

縄文@兵庫陶芸美術館
 土曜日の午後、家族で観覧。残念ながら、ギャラリートークには間に合わず。
 
 展示室に入ってまず感じたのは、かなり照度が落とされている点で、造形的にメリハリのある中期のものはともかく、多縄文系や押型文系の土器は表情が捉えにくい。また、独立ケースの中には照明が不安定になっているものがあったが、周りが暗いので余計に気になってしまった。
 
 展示されている土器群は、予想通り東の中期と晩期のものが中心で、縄文土器を扱った書籍でお馴染みのものがかなり集められている。仔虎・仔龍にとっても小川忠博の『土の中からでてきたよ』で見たことのある資料が多く、楽しめたようだ。
 
 最後に、パネル・図録でどうしても気になった一節を以下に引用しておく。「”code marked pottery"と明記し、その名称は現代の”縄文”土器に由来しています。」

« 今週の音源(3/24から3/28) | トップページ | 小堀遠州 美の出会い展@大丸ミュージアム神戸 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/40680709

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文@兵庫陶芸美術館:

« 今週の音源(3/24から3/28) | トップページ | 小堀遠州 美の出会い展@大丸ミュージアム神戸 »