2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(3/17から3/21) | トップページ | 滋賀県立安土城考古博物館 »

滋賀県立琵琶湖文化館

琵琶湖文化館
 今月末で展示・公開が中止される(休館)と聞き、初めて観覧する。

 現在、「近江の美術第三期仏教美術の精華」が開催中である。同時開催の小企画展「青の造形」では若冲の孔雀図が出陳されていたほか、仏画や紺紙の写経類が展示されていた。仔虎と仔龍には少し退屈だったと思うが、一応普賢十羅刹女像は説明をしつつ、見せておく。その後で、三月経曼荼羅図もちゃんと見せればよかったと思ったが、お二人さんはすでに館外へ。でも、4階の文化財の種類やその保護扱ったパネル展示の「あきつ君」は面白かったようだ。

 収蔵庫部分は継続利用が決まっているというが、展示・公開がないと寄託資料も県外に寄託先が変更されたり、寺社が引き取ったりしてしまうかもしれない。建物としての老朽化は否めないにせよ、文化施設としてどうなっていくのかが気になる。同僚に頼まれていたものを含め、図録をドカ買いする。

« 今週の音源(3/17から3/21) | トップページ | 滋賀県立安土城考古博物館 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/40595392

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県立琵琶湖文化館:

» 近江の美術第三期 仏教美術の精華 [Gloomy Twilight]
 休館が決定された滋賀県立琵琶湖文化館で3月30日まで開催されている。同館では今年に入って、収蔵品特別公開と銘打ち、第一期「花鳥風月」、第二期「か・ざ・り」を相次いで開催し、その掉尾を飾るのがこの展覧会である。  展示室に入って最初に感じたことは、展示....... [続きを読む]

« 今週の音源(3/17から3/21) | トップページ | 滋賀県立安土城考古博物館 »