2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(4/7から4/11) | トップページ | 大阪で行われる博物館問題のシンポジウム »

今週の音源(4/14から4/18)

 通勤経路の中継地点でロールケーキの専門店を見つける。いろいろな種類があって、そのうちのいくつかを買う、おいしかったので店名を冠したベーシックなものをホール(店側の呼称ではボックス)で買う。それはともかく、店名が気にかかる。篆書を用いた漢字の店名はデザイン的にはokとは思うが、その一方で意味を考えればその漢字で良いのかとも思う(余計なお世話か)。
 
 怒りを抑えたことで血圧が上がり、頭痛が始まる。脳内で血管が切れるのではないかと自分でも少しあせる。でも、嫌なものは嫌だ。
 
 軒下の燕が巣作りを完成させ、抱卵を始めた。無事に生まれて、育ちますように。

 久しぶりにオルガン関係のCDを引っ張り出してきた。オルガンの響きが好きなのだが、日本ではあまり受けないせいか、店頭にもあまり並んでいない。クラシックのディスクガイドを見ても、オルガン関係は1000タイトルの中でわずかに2タイトルで、Helmut WalchaとMarie-Claire Alainのバッハオルガン全集のみということでちょっと寂しい(この二人が演奏スタイルや選曲の面で対照的であるのは確かだが)。
 ということで、バッハの曲も含まれているが、バッハ以前から20世紀の作曲家のものを含んだCDを選んでみた。バッハの作品集をはずすと手持ちのCDではMarie-Claire Alainのものが多くなる。でも、女史のバッハ全集も欲しい(Walchaのはあるので)。
Gustav Leonhardt / Sweelinck: Orgelwerke(1972) / BMG
Gustav Leonhardt / Die Authentischen Orgeln:Niederlande(1983) / BMG
Marie-Claire Alain / Franck: Great Organ Works(1995) / Erato
Marie-Claire Alain / Organ Encores(1993) / Erato

« 今週の音源(4/7から4/11) | トップページ | 大阪で行われる博物館問題のシンポジウム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/40917142

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(4/14から4/18):

« 今週の音源(4/7から4/11) | トップページ | 大阪で行われる博物館問題のシンポジウム »