2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 暁斎漫画展@京都国際マンガミュージアム | トップページ | 今週の音源(4/14から4/18) »

今週の音源(4/7から4/11)

 イヤーフォンを外してみたのだが、残念なことに鶯の囀りは聞くことができなかった。軒下の燕は、中古物件の補修は止めて新居の構築を始めた。我が家の周辺から田畑が消えてから久しい中、どこから材料を仕入れてきているのだろうか?先日、川を眺めていたら、燕が葦原の根元に溜まった泥を採取しているように見えたのだが。

 追手門学院大学の博物館学芸員課程年報を送っていただく。課程の日誌もなんとも初々しいのだが、外部からの寄稿レポートが充実していて参考になる。実習日記の講師名に同級生とか後輩の名前を発見して過ぎ去った年月を思う。あと、私と同じ苗字を見つけ、遠い親族かとも思ったが、私とは違って音読みする姓で、東北出身らしい。少し驚く。

 今年度は最初の2ヶ月をどう過ごすかで運命が決まりそうだ。自助努力しかない。今年度を乗り切ると来年度は今の部署にいる限りは少し余裕が出るみたい。
 
IN THE WOODS / Heart Of The Ages(1995) / Misanthropy Records
ULVER / Bergtatt(1994) / Head Not Found
 改めて、この2作を聞いてみるとWOLVES IN THE THRONE ROOMが影響を受けていることがわかる。
KATATONIA / Dance of December Souls(1993) / No Fashion Records
 これはどちらかというとゴシックなのだが、ULVERの上記作品と通ずるとことがあって、精神的に潜行中の身にはお似合いだ。
WOLVES IN THE THRONE ROOM / Two Hunters(2007) / Daymare Recordings
 気に入っているけれど、カテゴライズするならアンビエントなゴシックメタルに入れとくほうがプリミティブなブラックメタルとするよりもすっきりするように思う。

« 暁斎漫画展@京都国際マンガミュージアム | トップページ | 今週の音源(4/14から4/18) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/40850626

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(4/7から4/11):

« 暁斎漫画展@京都国際マンガミュージアム | トップページ | 今週の音源(4/14から4/18) »