2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 南画って何だ?! @兵庫県立美術館 | トップページ | 今月の本・雑誌(5月) »

今週の音源(5/27から5/31)

 先週貰った薬のうち、一番飲む回数の多いものを1/2量しか服用していなかったことに気付く。処方された量の1/4が余ってしまうが、辻褄あわせもできないので、余った分はとっておくことにする。

 週の初めに雛たちが巣立った。親のうちオス(?)は一夜だけドラセナに帰ってきたが、その後は音沙汰無し。結構寂しいものだ。また、来年ということか。

 一冊目の報告書の分担部分を一応書き終わる。色々手直しを命ぜられることも予想されるが、それはまた来週のこと。別の報告書のレイアウトと遺物図面のチェックに勤しむ。ふと、欠けた擂鉢になんともいえない味わいを見出し、自分でもあきれる。


 最初は洗面器に仮住まいしていた金魚。昆虫用プラケースを経てようやくガラス製水槽に落ち着く。「飼育日記」より。

 週末になって、ちょっと気分が低空飛行。中虎の目は厳しいが、五月雨式に届くCDでも聞きいていたら、そのうち回復すると思う。

LEVIATHAN / Massive Conspiracy Agaist All Life(2008) / Moribund
 アメリカのブラックメタルバンド、確か3枚目。1stや2ndは密度が濃く音圧も高い作品であったが、最新作では暴力的な傾向とアンビエントな傾向が並存していて、他にはない奇妙な雰囲気を出している。

ENDSTILLE - Endstille Reich(2008:2007) / Regain Records
 最近、アメリカのレーベルからも過去作品がリリースされ、6/10にが出るドイツのブラックメタルバンド。トレモロリフとごついドラム。新鮮味はないが、高いレヴェルで安定している(ブラックメタルバンドが安定してるという表現もなんだが)。

OPETH / Watershed(2008) / Roadrunner
 データ化しようとしたが、データベースにデータがなく、手入力。タイトルに[bonus track]とかいう注記を入れた方が良かったのかもしれないが、パス。でも、作曲者は入れておく。ざっと聞いた感想は、一つの曲の中に「Damnation」と「Deliverence」が共存している感じが強くなったということだ。

Marcel Dupre/ Recital-Widor/Franck(1992:1957) / Mercury
 今となっては、このCDを買った状況は定かではない。ただ、オルガンといえばBachしか知らなかった時期に、今はなきハーバーランドの新星堂で見知らぬ作曲家や聞いたことのない演奏家をチョコチョコ集めていた事があって、そのときに購入した1枚だと思う。
 Dupreが師匠筋であるWidorとFranckを演奏するというのはふさわしい選曲。また、使用されているNYCのSt.Thomas Churchのオルガンもこの録音の前年に大幅な改修を受け、操作盤・パイプ共に増設されたものらしい。FranckのChoraleについては複数のヴァージョンが手元にあるので、聞き比べてみよう。こういう時はiPodって便利だと思う。
 
Simon Lindley / French Organ Music(?) / Naxos
 この中に収められているJean Langlaisの「三つの黙祷(1962)」を聞いていると、最後の方に聞き覚えのある短いフレーズが出てくる。確か、ELPの曲に似たフレーズがあったと思い、聞き比べてみると「トッカータ(1973)」の冒頭のメロディー(と言うか、テーマの一つ)とそっくり。ELPの「トッカータ」は公式にはAlberto Ginasteraの「ピアノ協奏曲第1番(1961)」を編曲したものされているが、雪崩を起こすがごとき和音の展開もLanglaisと相通じるようにも思える。まあ、私はGinasteraの協奏曲を聞いたことがないし、Langlaisもホンの一部しか聞いていないので、機会があれば聞き比べてみよう。

« 南画って何だ?! @兵庫県立美術館 | トップページ | 今月の本・雑誌(5月) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/41383658

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(5/27から5/31):

« 南画って何だ?! @兵庫県立美術館 | トップページ | 今月の本・雑誌(5月) »