2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(6/2から6/6) | トップページ | シンポジウム:文化・芸術・歴史と自治体文化政策 »

ファーブルに学ぶ@滋賀県立琵琶湖博物館

ファーブルに学ぶ@琵琶湖博物館
ガソリン代と高速料金をものともせず、滋賀まで。

今回見学する「ファーブルに学ぶ」展は昨年から始まった全国巡回展で、秋には兵庫県にもやって来るのだが、人と自然の博物館が会場なので、規模変更もあり得ると思って、琵琶湖博物館を訪ねる事にした。

実際に展示を見て、人博で同規模の展示は辛いのではないかと思った。それと、展示資料にまだ見学したことはないのだが、赤松の郷昆虫文化館の所蔵品を見つけ、今度行ってみようと思う。

さて、展示は面白かったのだが、気になることもあった。琵琶湖博物館の情報誌『うみんど』が46号(2008年4月)をもって「県の財政事情により休刊」していたり、コレクションギャラリー、ふれあい体験室、くるくる実験室が休止(維持経費・常駐職員減か?)していた事に驚いた。琵琶湖文化館休館問題と平行して、こちらでも予算の縮減が行われたらしい。知事も関わっていた場所だけに、特別扱いが余計にできないのだろう。

大阪府でも大変なことになっているわけだが、滋賀は施設自体の廃止には至っていないので、まだ希望が持てるのではないかと思う。

« 今週の音源(6/2から6/6) | トップページ | シンポジウム:文化・芸術・歴史と自治体文化政策 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/41464886

この記事へのトラックバック一覧です: ファーブルに学ぶ@滋賀県立琵琶湖博物館:

« 今週の音源(6/2から6/6) | トップページ | シンポジウム:文化・芸術・歴史と自治体文化政策 »