2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 福岡アジア美術館 | トップページ | クリプトガニック・ボタニー@人と自然の博物館 »

今週の音源(7/22から7/25)

 弾丸ツアー、強行軍ではあったが仔虎・仔龍ともかなり楽しめた様子。「虫」達のぬいぐるみも気に入ったようである。あと、これとは別に「最近、●●館に行ってないねぇ」とか、テレビで「●●のバックヤードツアー」を見て、連れて行けなど、そういう風に育てたとはいえ、少しだけ時間に限りがあることも考えてくれたらなぁ。

 前にかかっていた歯医者が処置した詰物が2箇所外れた。今の歯医者の予約はお盆前。様子を見て、どうしてもダメなら耳鼻科の検診を受ける日の午後に何とか見てもらおう。

 窓のブラインドを眺めながら、大型カメラのフィルムを装填していた時、一瞬視界が揺らぐ。気のせいかとも思ったが、再び平行しているブラインドが斜行したように感じた。ただでさえ、あまりの暑さに眼球は灼かれ、脳髄は沸騰して目の前の現実を拒絶、妄想と白昼夢に耽りがちなのに、身体の根幹が不調となればレトリックではすまない。運転していても集中力が切れていると自覚する場面もあり、ちょっと気をつけねば。

John Scott / Organ Music by Marcel Dupre(2006) / hyperion
 どこかのサイトに様々な作曲家の作品をバランスよく演奏できるのはイギリス人オルガニストではないかと書かれていた。教会オルガニストというだけではなく、コンサートオルガニストとして活躍する人が多いことが理由として挙げられていた。NYCに移ったJohn Scottもそういった一人。前に買ったのはマサイアス作品集で、今回はデュプレ作品集。「十字架への道行き」が聞きたかったのだが、残念ながらこれには収録されていない。実はデュリフレの作品集も同時に注文したのだけれど、こちらは取り寄せ中。
 
AT THE GATES / Slaughter Of The Soul +6(2008;1995) / Toy's Factory(Earache)
ENDSTILLE / Dominanz(2008:2004) / Regain Records
 意識が揺らいでいる時、感覚をはっきりさせるには色々方法があるが、death metalやblack metalというより極端なmetalのサブジャンルを聞くことも効果がある。無理やり気合を入れるにはこれが一番かも。

PORCUPINE TREE - Stars Die(2008;2002) / WHD Entertainment
 OPETHに影響を与えたバンドのベスト。音楽性にかなり振幅があるのだが、その振れ幅自体が私の嗜好性と重なっているので、結構いいのだけれど、オリジナルアルバムをそろえる余裕がないのが残念。

死蝋月比古 / 純血鬼爛(2008) / Archangelo
 月比古に比べて、もう少しダークかつゴシックな芸風を予想していたが、そういう意味では当てが外れる。

« 福岡アジア美術館 | トップページ | クリプトガニック・ボタニー@人と自然の博物館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/41969731

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(7/22から7/25):

« 福岡アジア美術館 | トップページ | クリプトガニック・ボタニー@人と自然の博物館 »