2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« スターナイトZOO@姫路市立動物園 | トップページ | 夏休みだ!おもちゃで遊ぼう@美術工芸館 »

今週の音源(7/28から8/1)

 地響きのような雷鳴がプレハブを揺らす。肝心な時に天候が不安定になるとは、普段の行いが悪いのだろう。それでも、なんとか区切りが付く。

 仔虎の参篭が無事に終了。天候不順のため、仔虎が乗り気ではなかった「お楽しみ会(肝試し)」が中止だったのも良かったらしい。帰り、山の麓にある美術工芸館に立ち寄ったらしいが、集団見学のため、展示をじっくり見学できなかったのが不満らしい。ただ、館発行の「たんてい手帳」を貰ってきていて、これを持参した場合「料金が2割引」になると強調していた。仔虎は自分の要求を間接的に表現するので、ようするに今の展示をやっている間に工芸館に連れて行けと言っているのだ。まあ、スタンプラリーの対象館でもあり、言われなくても連れて行く予定だったが、親子で興味が一致すると物事がスムーズに進んで良い。

 今週。仔龍が誕生日を迎えた。ということは、あのケーキ屋が廃業してもう1年が経ったわけだ。昨年の仔虎に引き続き、地元のケーキ屋でバースディケーキを購う。まあ、このお店は繁盛しているようなので、いきなり無くなる事はないだろう。次は仔虎の分を予約しなければ。

 金曜の夜は帰ってきたら日付が変わっていた上、記憶も飛んでいるので、更新できなかった、嗚呼。

Bengt Tribukait / Bach Cahman Tribukait(2002) / Musica Rediviva
 ここでTribukaitが使用しているのはCahman制作のオルガン(1730年)。19世紀の修復・改造時にペダルが加わった事もあったらしいが、現在は1段鍵盤のみ。シンプルな楽器でBachでも初期作品を中心に選曲されていて、1枚ものとしてはちょっと風変わり。
 
今井奈緒子 / 7 Organs(2004) / Musica Rediviva
 スウェーデンの歴史的オルガン7台(17世紀後半~18世紀後半)を使用した録音。取り上げられている曲はドイツバロック時代の作曲家のものがメインで、それぞれのオルガンの製造年とも近い。ところで、ジャケットには作曲家名がJ.G.Krebs(1713-1780)と書いてあるのだが、これはJ.L.Krebsではないだろうか?

« スターナイトZOO@姫路市立動物園 | トップページ | 夏休みだ!おもちゃで遊ぼう@美術工芸館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/42044017

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(7/28から8/1):

« スターナイトZOO@姫路市立動物園 | トップページ | 夏休みだ!おもちゃで遊ぼう@美術工芸館 »