2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(9/16から9/20) | トップページ | 今週の音源(9/22から9/26) »

再発見!五陶地のやきものpart2@兵庫陶芸美術館

五陶地パート2<br />
 @兵庫陶芸美術館 夕方に現場を出て、美術館へ。旧知の学芸員さんと少しお話をして、会場へ。

 パート2は三田焼、王地山焼、東山焼+播磨の焼物、丹波焼Ⅱが取り上げられている。系譜的には京焼の流れを組む焼物たちだが、これまでそれぞれの焼物に抱いていた印象から外れる作品もいくつかあり、結構楽しい。でも、近世までの日本は本当に中国趣味に溢れていたのだなぁと改めて思う(それが今ではRed Cliffをそのままレッド・クリフとしてしまう)。

 仔虎と仔龍は子供用のワークシート片手に鑑賞。各産地ごとに注目点を少しずつ変えてあり、自分の意思で展示室にいるわけではない子どもにとっては、展示室にいるための理由を与えてくれるものだろう。

 地下階段の窓ガラスでヤママユガ(メス)を見つけたり、美術館の庭先で瓢箪が栽培されていたり、仔虎・仔龍にとっては陶磁器以外の発見をもあったようだ。私にとっては、コケが敷き詰められた中庭に雑草が散在しているのが、何とも感慨深い情景だった。

« 今週の音源(9/16から9/20) | トップページ | 今週の音源(9/22から9/26) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/42543338

この記事へのトラックバック一覧です: 再発見!五陶地のやきものpart2@兵庫陶芸美術館:

« 今週の音源(9/16から9/20) | トップページ | 今週の音源(9/22から9/26) »