2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(10/20から10/24) | トップページ | ファーブルに学ぶ@人と自然の博物館 »

今週の音源(10/27から10/31)

 10月も終わり。原稿を書かねばならぬ季節の到来。しかし、それはそれとして、12月に迫った帝都進攻の準備を始める。第一希望の宿は既に満杯で、錦糸町に止まることに決定。後は、JRの切符が手に入ればOK(まあ、「のぞみ」じゃないので大丈夫だろう)。
 低空飛行気味の私を尻目に、中虎は仔虎と仔龍に麻疹の予防接種をさせるといきまき、これで国立四館を制覇できるとはしゃいでいる。マイペースの仔虎は『もやしもん』効果で菌類に興味津々だが、「菌類のふしぎ」展ではキノコも扱っていると聞いて及び腰(彼は食物としてのキノコが嫌い)。仔龍は抱き合わせでいく上野動物園で「花子」の墓にお参るするのだといつになくこだわりを見せている。

 お窯様はもしかして複数いらっしゃるかもしれない。時間もないので、どう扱うかが思案のしどころ。来週以降、色々な方からご教示を得られる見込みなので、何とか乗り切りたいものだ。しかし、私も現場を人に任せて、何処かへ行ってみたいなぁ。

夢中夢 / イリヤ -iLya-(2008) / Gyuune Cassette
 今度、HMVからの通知がきたら、IsoirのCDは後回しにして、1stだけでも先に送ってもらおう。
Thierry Escaish / Improvisations(2008) / Universal Classic France
 やはり、Escaishはいい。だが、こういう演奏家の作品は入手し難いのが難点。このCDは色々なコンサートから即興演奏の部分だけを抜き出して編集したものだが、各CDの最終曲だけ拍手まで収録されているのが、少しわざとらしい
Naji Hakim / Naji Hakim plays the organ of Glenalmond College(2008) / Signum Records
 初録音の自作2作品を含むHakimのライヴ。この人の作品についても極東の片隅の住人にとっては入手し難い。最後にAmazing Graceを元にした即興が収められているが、「蛍の光」も合体させている。Hakimは演奏会で即興を行う際、その土地に因んだ曲をベースにすることがあるようなので、今回(Scotland)はこれらの曲がテーマとして選ばれたのだろう。
ANTHEM / Black Empire(2008) / Victor
 ANTHEMの新譜。相も変らぬ正統派メタルを響かせている。ただ、Liveで一緒に叫んでいる時には気にならないが、冷静に聞くと気恥ずかしいフレーズもちらほら。でも、心身ともに余裕がないので、新譜発売ライブには行けそうにもないなぁ。

« 今週の音源(10/20から10/24) | トップページ | ファーブルに学ぶ@人と自然の博物館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/42967029

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(10/27から10/31):

« 今週の音源(10/20から10/24) | トップページ | ファーブルに学ぶ@人と自然の博物館 »