2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« ゴカン(五館&五感)で楽しむ文化の秋 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 »

今週の音源(11/4から11/7)

 先週から今週にかけて交通事故死した狸を4回も見た。季節の変わり目、彼らも大変だなぁ。
 お窯様はそれなりに盛り上がってきたが、こちらに知識と経験が少ない分、ヘタをうっているのではないかと不安になる。

 今週は色々な女性ボーカル曲を聴く。夢中夢の1stももうすぐ届くし、しばらくはこの状態が続くかも。
五人一首 / gonin-ish(2000) / Vigilante Inc.
 結局、2ndは買っていない。普通声とデス声を一人で使い分ける。一度生で見てみたいが、活動が関東中心なのでちょっと無理かも。
夢中夢 / イリヤ -iLya-(2008) / Gyuune Cassette
 中虎曰く、心地よい音楽。私はメタルの延長で聴いているといったら意外な顔をしておりました。ただ、中虎さんはロックとかメタルには全然縁がなかった人なので、仕方がないところもあります。
黒百合姉妹 / 天の極み 海の深さ(2004) / Sibylla
 冒頭にルネサンス期のオランダ人作曲家の歌曲を持ってきて、オルガン風のキーボードがあったり、ヨーロッパ宗教音楽的雰囲気に満ちた作品。
TorN / 凍音-tone-(2007) / Arcangelo
 メロトロンと生ストリングスを併用しているので、少し混乱してしまう。このグループも基本はメタル系などだけれど、世界一を自認するメタル雑誌には登場しない。
外人部隊 / 虹色の衝撃(2007) / Strange Days Records
 このグループの場合、ACKOも好きなのだけれど、マークが歌っている「迷宮ラヴ」を繰り返し聴いてしまう。

« ゴカン(五館&五感)で楽しむ文化の秋 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/43042807

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(11/4から11/7):

« ゴカン(五館&五感)で楽しむ文化の秋 | トップページ | 兵庫県立考古博物館 »