2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(11/10から11/14) | トップページ | 今週の音源(11/17から11/22) »

たんけん!!はっけん!?カミサマの森@兵庫県立歴史博物館

たんけん!はっけん!カミさま
 特別展「ふるさとの神々」で行われた子ども向けイベントに参加。事前の申し込みは仔虎と仔龍を含めて5名で、当日参加者が3名の計8名+保護者。展覧会を企画した学芸員さんと美術専攻の大学院生の二人が進行役で、後は記録や普及担当の職員がサポートするという体制。館側の想定人数がどれくらいだったのかはわからないが、作品を見ながら進めていくイベントなので、結果的には適正な人数だったように思う。

 「祭り」、「神像(彫刻・工芸・絵巻)」、「絵馬」の各コーナーで、少しずつ活動の形態を変えつつ、イベントは進む。基本的に子どもは「探し物」系には食いつきはいいのだけれど、座って鑑賞ということになると少し集中力が切れるようだ。

 仔龍もそれなりに楽しんでいたようだが、知識先行型の仔虎にとっても新たな発見があったようで、天神絵巻の説明が今年の夏に行った太宰府天満宮とリンクしたときの表情は生き生きしていた。あとは地元の氏神も一応天満宮であることも理解して欲しいところだ(参加した「お祭り」を聞かれて、神社の名前でなく住んでいる町の名前を答えてしまうあたりがちょっとね)。中虎は律儀にイベントに付き合っていたが、私は後期展示の虚空蔵菩薩像とか森狙仙の神猿図を眺めていた。

 個人的には午後からの中高生向けのイベントも興味があったのだが、それはパス。今回のイベントは急に参加することになったのだが、仔虎・仔龍がそこそこ楽しんでいたので、めでたし、めでたしである。

« 今週の音源(11/10から11/14) | トップページ | 今週の音源(11/17から11/22) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/43122639

この記事へのトラックバック一覧です: たんけん!!はっけん!?カミサマの森@兵庫県立歴史博物館:

« 今週の音源(11/10から11/14) | トップページ | 今週の音源(11/17から11/22) »