2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 旗本御家人@国立公文書館 | トップページ | 今週の音源(4/13から4/17) »

尼門跡寺院の世界@東京藝術大学大学美術館

Img_0009
 地下鉄の駅でポスターを見て、すごく気になった展覧会。今日が初日で、所用が思ったより早く終わったので、見学することにした。
 このテーマの展覧会は平成15年に京都の野村美術館で「尼門跡と尼僧の美術」というタイトルで行われたことがある。その展覧会自体は見学していないが、縁あって図録だけは手元にある。
 その図録を見ていて、なんだかファナティックな感じを抱いていたが、実物のいくつかを見てみて、その感じはさらに強くなった。
 今回の展覧会は図録を買って気がついたのだが、執筆者も重なっていて、野村での展覧会が基礎になっている。ただ、野村での展覧会に比べて、御所文化との関わりを前面に出すことで、雅な感じを強調する意図があるようだ。
 ただ、個人的にはやはり怖い作品がいくつかある。自らの身体パーツを用いた名号とか写経を単に強い信仰心の表れで済ませてしまうのはどうかと思うし、子どもを持つことの無かった尼門跡たちの周辺に善財童子や唐子のような子供モチーフが溢れているというのも、可愛いでは済ませられない事のように思われた。

« 旗本御家人@国立公文書館 | トップページ | 今週の音源(4/13から4/17) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/44671679

この記事へのトラックバック一覧です: 尼門跡寺院の世界@東京藝術大学大学美術館:

« 旗本御家人@国立公文書館 | トップページ | 今週の音源(4/13から4/17) »