2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今月の本・雑誌(2009年4月) | トップページ | 妖怪天国ニッポン@兵庫県立歴史博物館 »

今週の音源(4/27から5/1)

 仔虎と仔龍の授業参観を済ませた後、研究会の打合会に顔を出す。どこまでお手伝いできるかは不明だが、できるだけのことはしてみよう。

 諸般の事情があって、平日に休みを貰う。私事の面では楽観的観測でも先行き不透明、手詰まり感だけが漂う。

 職場が変わったことで、大変だなぁとある種傍観していた部分と直接・間接を問わず関わることになる。気が重いが、仕事は仕事で何とかやっていくしかない。とある事業に関する第1回目の会議は自分の至らなさを感じつつ、終わった。直接事業に携わっている担当者にどんな助言をすればいいのだろうと思い悩む。

 今週は職場の打ち上げもあり、それはそれで新しい職場の雰囲気を知る上で面白かった。しかし、個人的なメインイベントはSeven Sistersがセッティングしてくれた週末の食事会だった。職場の近くのトラットリア・コチネッラが会場で、出張先から一度職場に戻る必要があって、少し遅れてしまったのだが、店に駆け込んだらちょうど乾杯の直前で、このロケーションを選んでくれた幹事さんに感謝する。料理はおいしかったし、皆さんのお気遣いで楽しい時間を過ごすことができた。Seven Sistersの何人かはこのblogをチェックしていて、『エイトハカセ』に興味津々。うちには2冊あるので、1冊貸し出すことも考えてみよう。楽しい時間も当然終わりがあるのだが、次もあるようなので、そういったささやかな楽しみを糧に複雑な日常を泳いでいこう。

 週末がイタリアンなので、何のひねりもなくプログレッシブ・イタリアーノを選んでみる。色々音が重ねてあるヘヴィ・シンフォである。1枚きりで消えたり、メンバーのプロフィールがよく判っていないバンドも多いのだが、70年代前半のイタリアって面白かったのだなぁと改めて思う。
IL BALLETTO DI BRONZO - YS +2(1995:1972) / Polydor
METAMORFOSI / Inferno(1996:1973) / Belle Antique(Vedette)
MUSEO ROSENBACH / Zarathustra(1993;1973) / King Record(Ricordi)
MAXOPHONE / Maxphone(2004:1975) / Arcangelo(Produttoriassociati)

« 今月の本・雑誌(2009年4月) | トップページ | 妖怪天国ニッポン@兵庫県立歴史博物館 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/44865714

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(4/27から5/1):

« 今月の本・雑誌(2009年4月) | トップページ | 妖怪天国ニッポン@兵庫県立歴史博物館 »