2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今月の本・雑誌(2009年5月) | トップページ | 今日の音源(6/6) »

今週の音源(6/1から6/5)

ツバメ おそらく、前とは別のペアがガレージで抱卵中。我が家のガレージにはツバメが作った巣が2箇所にあるが、縄張りの関係もあるのか、同時に二つの巣が使用されることはない。ここ2・3年は相対的に新しい東側の巣が利用され、前のペアもこれを使っていた。
 今のペアは久しぶりに西側の巣を利用している。雄?の方は、夜になると前回ペアと同様に巣ではなく、鉢植えの天辺に留まっている。ただ、今のペアは人や防犯灯に慣れていなくて、ガレージに人の出入りがあると落ち着かない様子である。まあ、無事雛が生まれて、しばらくはガレージが賑やかになることを楽しみにしておこう。

 オディル・バユによるグリニの作品集をひたすら聞く。オルガンの音色、対位法の妙、軽やかな演奏が何となく引っかかりのある毎日に少しばかりの潤いをもたらす。
 彼女はNoordtやArauxoといった北ドイツ、イベリアの古典も録音していて、いずれも素晴らしい出来であると噂には聞く。しかし、Noordtは未CD化(他にも古典期中心に未CD化ものがいくつかある)、Arauxoも廃盤もしくは品切れ。手に入らないものは仕方がないと諦めつつも、このCD同様に他のものも再発されることを祈ろう。
Odile Bailleux / Livre d'Orgue : Nicolas de Grigny(2009:1983) / XCP

« 今月の本・雑誌(2009年5月) | トップページ | 今日の音源(6/6) »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/45246691

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(6/1から6/5):

« 今月の本・雑誌(2009年5月) | トップページ | 今日の音源(6/6) »