2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« なまけ者になりなさい by 水木しげる | トップページ | 創絶仮面ライダー(ファイズとカブト) »

佐用町昆虫館

佐用町昆虫館
 佐用町昆虫館にやって来た。駐車料金の支払が少し面倒だが、運動にはなる。昆虫館のパンフレットには駐車場無料となっているが、瑠璃寺側は有料と書いており、昆虫館のある場所自体が境内でもあるので、お金は払っておくことにした(これについては寺側と言うよりモンキーパークを運営している会社の意向かもしれないが)。

 兵庫県昆虫館時代に一度来た事があるが、その時とは様変わりし、賑わいをみせていて、イイ感じだ。
 庭先の木にはモリアオガエルの卵があり、池ではイモリやドジョウ、オタマジャクシが泳いでいし、館の裏側にはアクリルの板で三方を囲ったミツバチの巣箱がある。

 ざっと常設展示を見て、「こんちゅうかんパスポート/KON-PASS」を3冊買う。前ここにあった標本類はひょうご環境体験館に移されたので、標本展示室にはこの館を運営しているNPO法人こどもとむしの会のメンバーのコレクションが展示されていた。

 仔虎と仔龍は網とカゴを借りて、昆虫採集に励んでいた。二人の様子を見ていると、対照的でなかなか面白い。現時点では、仔虎は明らかに書斎派傾向があり、仔龍の方がフィールドワーク向きだ。瑠璃寺の参道は針葉樹が多くて、一見虫は少ない。でも、オニヤンマを見たし、山門近くの草むら付近では何種類かの虫(テングチョウとかヤブキリ等)を捕まえることができたようだ。

 帰り際に、来週に一日館長を担当される前の職場の同僚と偶然遭遇する。この館は季節限定、平日閉館で運営されており、、生きた昆虫を継続的に飼育することができない。ということで、今日は当番ではないが虫の配達に来られたようだ。地方公共団体が見放した施設をNPOが再生するというのは、美しいお話ではあるのだけれど、スタッフの情熱があればこそだなと月並みな感想を抱いた私。仔虎と仔龍が大変気に入ったようなので、、夏休みになったら、また戻ってこよう。

« なまけ者になりなさい by 水木しげる | トップページ | 創絶仮面ライダー(ファイズとカブト) »

Museum」カテゴリの記事

コメント

ご来館いただきどうもです。ゆっくりお話しする時間もなく、すみませんでした。駐車場はですね、昆虫館横のスペースについては、寺から直接借りており、無料でOKというお墨付きをもらっていますから、今度は無料でご利用下さい。ただ、寺へ行かれる場合のみ、有料の「船越山観光」の駐車場(もっと奥)を使ってくださいとのことです。

KH様、ご教示ありがとうございます。
次回はそのようにさせていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/45336322

この記事へのトラックバック一覧です: 佐用町昆虫館:

« なまけ者になりなさい by 水木しげる | トップページ | 創絶仮面ライダー(ファイズとカブト) »