2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(8/10から8/13) | トップページ | 躍動する魂のきらめき-日本の表現主義@兵庫県立美術館 »

お盆の準備

ウルトラホーク1号 今日から休みを取る。

 明日からの墓参りとミュージアム巡礼に備えて、ディスカウントストアで眠気覚ましのガム、仔虎と仔龍のおやつ、水などを買い求める。

 売り場を流しているとウルトラホーク1号が揃っているのを見つけ、衝動的に購入。ずいぶん前にコンビニで見つけた時は、α号、β号、γ号の3機が揃ってなくてスルーした。やっぱり、ウルトラセブンのメカはスタイリッシュだ。

 来週は仔虎の誕生日。平日はお祝いのできるようなタイミングで帰れるわけもないので、日曜日に前倒しでお祝いすることにして、赤い鼻のトナカイにケーキを注文に行く。今日は注文だけなので、徒歩。バースディケーキは仔虎の好みに合わせて、生チョコ仕立てにする。

 ケーキ屋に行ったついでに、電車の窓から見えて、前から気になっていた木立の残る区画に行ってみる。そこは英賀寺内の門の伝承地で墓地になっていた。一応、教育委員会の設置した説明版があり、英賀寺内の有力者一族の墓所でもあるらしい。

 中世末の英賀の街は地元の思いと伝承が入り交じって、フリーエンサイクロペディア上でも、少し過剰な表現が見られたりするのだが、実際はどうだったのだろう。実証と地元の思いというのが必ずしも重ならないのが歴史遺産を利用した街づくりでは難しいところかもしれない。

M.Stringer(cond.), ChourSymphonique de Nammmur, Orchestre Philharmonique du Luxwmbourg / L.Boulanger : Oeuvres pour chour & orchestre(1998) / Timpani
 少しオルガンから離れ、夭逝した女性作曲家の作品を聞いてみる。
PAGEANT / 螺鈿幻想(2006:1986) / Altavoz/Skystation(Made IN Japan Records)
PAGEANT / 奈落の舞踏会+1(2006;1987) / Altavoz/Skystation(Made IN Japan Records)
 永井博子のヴォーカルは色々な表情があって、なかなか素敵だ。

« 今週の音源(8/10から8/13) | トップページ | 躍動する魂のきらめき-日本の表現主義@兵庫県立美術館 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/45918856

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の準備:

« 今週の音源(8/10から8/13) | トップページ | 躍動する魂のきらめき-日本の表現主義@兵庫県立美術館 »