2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 宴の後で(alternative version) | トップページ | 灘浜サイエンススクエア »

だまし絵@兵庫県立美術館

Img_0051
 開館時間前にやってきましたが、久しぶりのヒット展覧会という事もあり、もう人だかり。展示室やチケット売り場の位置を尋ねる人達もいて、県美がお初の人め多そう。まあ、普段来ない人が来るからヒットなのだろう。定刻の5分前に開場。

 日本画のコーナーを見ていて、キャプションに風帯とか一文字と書いてあっても、観覧者の多くには何のことか判らないのではないかとふと思ってしまう。描表装の作品が中心なので、そのあたりが鑑賞のポイントになるような気がしたので、簡単な解説があっても良かったのではないかと思う。

 「だまし絵」展を見た後、前回観覧できなかった「shadow -exhibition obscura-」を体感する。薄明かりの中に浮かび上がる長谷川潔が印象的だったほか、作品キャプションがすべて点字なので、見えていることで見えなくなっている感覚や、視覚を遮った状態でも気配は感じられる作品があったり、なかなか新鮮なものだ。

« 宴の後で(alternative version) | トップページ | 灘浜サイエンススクエア »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/46258062

この記事へのトラックバック一覧です: だまし絵@兵庫県立美術館:

« 宴の後で(alternative version) | トップページ | 灘浜サイエンススクエア »