2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« お彼岸の週末 | トップページ | 今週の音源(3/23から3/27) »

郷土史とツバメの週末

Swallow00_3 家の墓参りに行く。墓園の近くの公園で、仔虎と仔龍が遊んでいる時、植え込みの中に地元有志による遺跡の解説板を見つける。それには「長谷山蒲田寺」という密教系の寺院が平安時代に営まれていたという内容が記してあった。確かに、このあたりでは区画整理に伴う工事中に寺院の存在を示す特異な遺物が出ていて、個人的には気になっている場所。ただ、公式な包蔵地名は「山本廃寺」で、一部の研究者は「山所廃寺」と呼び、地元では「蒲田寺」と呼んでいるとは、やっかいなことだ。

 まあ、そんなことは考えてもすぐに結論が出る問題でもないし、気分が高揚するわけでもない。それよりも天の赤道と黄道が交わるこの日、ガレージにツバメが帰ってきた。本当はもう少し前に帰ってきていたのかもしれないが、夕方にはガレージの巣の上に2羽止まっていた。その後、1羽だけが巣に残り、もう1羽は玄関横の観葉植物の枝に止まるという昨年同様のパターン。昨年のエントリを確認してみると、ツバメに気付いたのは同じく彼岸のことだった。仔虎と仔龍は「ツバメ観察日記」をつけると言い出し、さっそく今日のことを書き留めていたのだが、いつまで続くことだろう。せめて、雛が孵るくらいまでは続けて欲しいものだ。

« お彼岸の週末 | トップページ | 今週の音源(3/23から3/27) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/47870590

この記事へのトラックバック一覧です: 郷土史とツバメの週末:

« お彼岸の週末 | トップページ | 今週の音源(3/23から3/27) »