2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 彩~鶴澤派から応挙まで@兵庫県立歴史博物館 | トップページ | オープンスクールとYMCAな週末 »

今週の音源(6/13から6/18)

 時間の経つのが早いのか、それとも遅いのか。よく判らないまま1週間が終わる。調査もののデータ集計が一つ終わる。毎年行われている調査で、今年から様式が変わり、項目の並び方も変わった。依頼状にはプリントアウトした様式もつけていたのだが、平然と昨年までの様式に書き込んできたり、記入要領に「太字+アンダーライン」で記入を求めるデータ項目を書き込んでいなかったり、データで回答をもらっていてもこちらで再入力している。来年はデータ様式の一斉送信したら、少しは楽になるか。

 仔虎は連続登校記録を更新中。ただ、そろそろバッテリー切れが近い?

 教育相談センターでそれなりに話がまとまって、就学相談を受ける事になる。次は必要書類を小学校で作ってもらわないと(担任ではなく学校長の事務分掌になるらしい)。
Minako Tukatani, Marian Jaspers Fayer / Whispering Winds(2006) / Stichting Pieter Backer Orgel
Minako Tukatani, Pauline Oostenrijk, Marian Jaspers Fayer / Whispering Winds 2(2009) / Stichting Pieter Backer Orgel
 木管とオルガンの組み合わせ。1stはフルート、2ndはフルートとオーボエ。バロック期から20世紀まで選曲の幅は広い。1stは曲によってはフルートがオルガンの音に埋もれてしまった感じのものもあるが、2ndはオーボエが加わったこともあるが、木管とオルガンのバランスがとれている。

« 彩~鶴澤派から応挙まで@兵庫県立歴史博物館 | トップページ | オープンスクールとYMCAな週末 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/48665261

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(6/13から6/18):

« 彩~鶴澤派から応挙まで@兵庫県立歴史博物館 | トップページ | オープンスクールとYMCAな週末 »