2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(7/12から7/16) | トップページ | 海遊館な休日 »

歴史ウォーキングな週末

Shikama まず、仔虎をYMCAの活動に連れていく。今までの2回は午後からの活動だったが、今日は朝9時集合なので朝が苦手な仔虎のテンション低め。まあ、釣りを楽しみにしていたので、そのうち気分も高揚してくるだろう。

 仔虎をスタッフに引き渡し、天気が良すぎるのが難点だが、私は上司に言われた宿題をすべくいつもの乗換駅で途中下車、ルートマップ片手に街を歩いてみることにした。

 上司からの課題は、私が住んでいる自治体の観光部局が作った文化財を題材にしたルートマップをブラッシュアップするとしたら、どうすればいいのかというものだった。つまり、ルートを歩いてくるだけではなく、改善点を考えてみろということらしい。

 まず、文化財担当にこの地図のことを聞いてみると、文化財部局はこの地図の作成に関わっていないとのこと。ただ、それなりに便利なので、文化財部局主催の歴史ウォークでも使ってますという返事。

 というわけで、2時間弱掛かって歩いてみた結果、これは観光客向けとしては辛いマップだし、かといって地域の文化財に光を当てるマップとしても中途半端というのが正直なところ。

 この地区のマップのテーマは秋祭り。地元自治体としては屋台練りや台場差しの華やかさが頭にあるので、そうなったのだろう。ただ、それらの舞台となる神社は境内が広いわけでもなく、社殿が壮麗でもないので、祭りの時期を外してしまうと、ちょっと淋しい。町並みも昭和の残像がに感じられるものの、カタマリとして現存していないので、歩いていて懐かしい感じを喚起するほどでもない。

 神社単体の視覚的な弱さを補うには、各地区事の屋台庫も地図に明示して(かなり大きい)、そこに屋台のパネルなどを設置しておけば、外からの人にも多少は祭りの様子を感じてもらう事ができるのではないか。まあ、これは民俗行事として市指定になっている各神社の祭礼に関しても言えることだけれど。

 また、有島芳水の歌碑だが、歌碑そのものはいいとして、観光マップに載せるなら、その隣にゴミステーション(分別用のカゴ等の集積)があるのは、地元と話し合って場所を変えてもらったらどうなのだろう。

 あと、地図のエリア外になる亀山の本徳寺は写真と説明が載っているのだが、地域に点在している寺院が地図には全く載っていない(地図にある唯一の「卍」が辻に置かれたお地蔵様)。

 浄土真宗の拠点でもあった地域だけに致命的。まあ、寺院の境内は神社のように開放されているわけではないから、観光向けマップにはそぐわないということかも。ということで、地域学習には少し使いづらい出来なのだが、これに関しては「地域夢プラン」という事業で歴史地図を作っていて、その成果が公民館横のパネルとなっていたので、紙ベースの地図も存在しているのだろう。

 ともあれ、この地図の解説は、文化財部局が現地に設置した看板の内容や現状とあわない部分もあった。ただ、現地にある看板は昭和の終わりに設置されてから放置状態にあり、どうせならこのマップを作ったことを切っ掛けに改修すればいいのにと思うが、そのあたりが統制がとれていないところだ。


« 今週の音源(7/12から7/16) | トップページ | 海遊館な休日 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/48908181

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史ウォーキングな週末:

« 今週の音源(7/12から7/16) | トップページ | 海遊館な休日 »