2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(7/20から7/23) | トップページ | 今週の音源(7/26から7/30) »

かなり自堕落な週末

 暑い中、職場からは徒歩圏にあるが、勤務時間内には行けそうもない現場の説明会に行く。昔の職場があった場所の近くなので、少し懐かしい。「もぐら」でお昼を食べて、現場に向かう。駅から現場までの坂道は日を遮るものもない。酷暑の中、現場に着くが、さすがに参加者は少なく、担当者も手持ちぶさた。体調を崩されて、早期退職された先輩と偶然遭う。少し話をしたが、かなり復調しておられるようで、少し安心する。

 現地説明会の前、余り時間はなかったのだが、三宮のコアなショップが固まっている場所を歩く。ガイアメモリのガチャの新シリーズ(3台のうち2台は売り切れ)があったので、3回してみる。ダブりはなかったが、仔虎にこれを渡すと仔龍のご機嫌を損ねるのは確実。仔龍は日曜日から林間学校に行ったので、留守を狙って受け渡しを実行する。

 一番わがままな仔龍が留守だと家人の自己完結的傾向が強まって、同じ部屋にいても、それぞれが好きなことをしている。私は眠っているか本を読んでいるかだった。図書館で土曜日に本を5冊借り、うち4冊を一気に読み。日曜日に読んだ4冊を返却し、別の4冊借りる。

 借りた本は以下のとおり。長らく遠ざかっていたSFだが、冲方丁、伊藤計劃が呼び水で図書館にあるものを漁り始めた。まあ、現実逃避であるのには違いないところだが、特定作家のモノを除けば、貸し出し中のモノもなく、簡単に借りることが出来、ストレスもないし、財布にも優しい。

 平谷美樹『エリ・エリ』、『レスレクティオ』、『黄金の門』、『約束の地』、『精霊の森』
 飛浩隆『グラン・ヴァカンス』、『ラギッド・ガール』
 鳥飼否宇『太陽と戦慄』

 鳥飼否宇はSFではないが、タイトルが気になった上、導師に導かれた「ディシーヴァーズ」というバンドが出てくるとか、章題に「墓碑銘、赤い悪夢、スターレス、堕天使」というどこかで見たような名前が踊っていたので借りることにした。作者は私より少しだけ年上なので、プログレ黄金期がリアルタイムなのだろう。

« 今週の音源(7/20から7/23) | トップページ | 今週の音源(7/26から7/30) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/48991957

この記事へのトラックバック一覧です: かなり自堕落な週末:

« 今週の音源(7/20から7/23) | トップページ | 今週の音源(7/26から7/30) »