2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 南方熊楠記念館 | トップページ | オープンスクールな中日 »

京都大学白浜水族館

京都大学白浜水族館 白浜の海に棲息する生物を中心に展示。

 ここの特徴は無脊椎動物の展示が充実していることで、イソギンチャクやウニ、ヒトデ等が多く、普通は魚の背景であることの多い珊瑚が、ちゃんと生きた状態で展示されている。

 魚類についても普通は一種類がいるだけのウツボが何種類もいたり、属別の展示ということでミノカサゴとオニオコゼ、キンメダイとマツカサウオが同じ水槽に入れてあったり、ウニ等を使った実験(通常の二酸化炭素濃度の海水と濃度を上げた海水の中での成育状況の比較)の様子も展示されていて、大学研究所の附属施設らしさが出ている。ちなみにここの担当教授や研究員は我が家にもある小学館の図鑑NEOシリーズの『水の生物』のメインの執筆者であった。

 コンパクトな施設だが、個人的には大当りであった。イベントのある日に家族で再度訪問したいものだ。

« 南方熊楠記念館 | トップページ | オープンスクールな中日 »

Museum」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/49347883

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大学白浜水族館:

« 南方熊楠記念館 | トップページ | オープンスクールな中日 »