2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 眠気と読書の日曜 | トップページ | オープンスクールな土曜日 »

今週の音源(6/13から6/17)

 届出通知関係の書類がようやく山を越える。ただし、書類の処理が多いことを理由に思考停止していた案件もあるので、そちらを何とかしなくてはならない。スケジュール調整は相変わらず苦手。

 先週に引き続き、里山に入る。森林公園では平日の昼間からバーベキューをする人々。藪の中を歩き回るより、そちらに合流したいものだが・・。

 山から戻った後、くしゃみと鼻水が続く。山で余計なものを吸い込んだのかとも考えたが、それよりも1年ぶりに稼働を始めた職場のエアコンから有害物質が放出されているに違いない。心にも身体にも優しくない職場だ、

 たまたま定時に帰ることになる。夏至が近いせいか、午後7時だとまだ明るさが残っている。それでも太陽自体はすでに没し、薄いグレーに染まった黄昏は不思議な感覚を抱かせる。空を見上げるとコウモリとツバメの両者が交錯、一瞬車の音が途切れた時、別の空間にはいたような気がした。完全に現実逃避モードだ。

 仔虎は自然学級の代休が3日(金曜日がなぜ代休になるのかはよく判らないが)もあり、昼間は家で優雅に過ごしている。もうすぐ期末考査なので、受けていない授業の分の問題集やプリントを片づけるよう中虎に申し渡されているが、昼間はマンガ喫茶状態をエンジョイしていて、なかなか処理が進まず。休み明けはしっかり遅刻。

 遂に、ツバメの雛が孵化する。夜になってもつがい揃ってガレージに留まるようになり、これからが楽しみ。

Keith John / Toccata!(1987) / Priory Records
Keith John / Rhythmic Energy(1995) / Priory Records
Keith John / Great European Organs No.53(1999) / Priory Records
Keith John / Great European Organs No.10(1988) / Priory Records
Regis Allard / Heinrich Scheidemann(1992) / Arion
Andre Isoir, Les Demoiselles de Saint-Cyr & Emmanuel Mandrin / J. A. Guilain - Quatre suites pour le Magnificat(1997) / Radio France

 ダウンロードしたオルガン関係の音源を聞く。G.E.O. No.53をCDで持っていたことに気付き、記憶力の減退に愕然とする。でも、G.E.O.のシリーズについては、オルガン本体の来歴・特徴が情報として提供されないと画竜点睛を欠くと思うのだが、何とかならないのだろうか。

« 眠気と読書の日曜 | トップページ | オープンスクールな土曜日 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/51974310

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(6/13から6/17):

« 眠気と読書の日曜 | トップページ | オープンスクールな土曜日 »