2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« オープンスクールな土曜日 | トップページ | 里山歩きの土曜 »

今週の音源(6/20から6/24)

 今週からサマータイムが試行される。私のような地下人は今は通常どおりでも良いのだが、身体を慣らすためにも勤務を切り替え。都会に住んでいる職員は45分早くなることで逆に混雑する電車に乗ることになるらしい。私の場合は、乗る時はガラガラ、余裕で座れる。ただ、車内で糸が切れるように意識を失ってしまうのが自分でも気になる。

 週末に里山探訪。休日出勤だが、今年度最初の代休も帳簿上のものに終わった。土曜出勤でも翌週に代休を持ち越せるのなら、ちゃんと休める場合も出てくるのに。半日歩いてしみ出した汗でベルトがふやける。夜はビールが美味しかったが、終電に乗り遅れそうになり、関係者の努力で事なきを得る。

 仔虎は相変わらず遅刻続き。それでも今週は初めての期末考査なので、さすがに遅刻はできない。何とか遅刻せずに試験を受けているが、家に帰るなり疲れて眠ってしまう。しかし、考査期間とはいえ、3日続けて遅刻しないのは2年ぶりの快挙では。

 ツバメの雛が成長期に入って、巣から頭が飛び出すようになった。餌をねだってさえずっている様子がほほえましい。

 土曜は仕事なので、中虎に予約図書を受け取ってもらう。
 望月守宮『無貌伝 双児の子ら』、西尾維新『零崎人識の人間関係 零崎双識との関係』、上遠野浩平『ソウル
ドロップの幽体研究』、古野まひろ『天帝の愛でたまう孤島』・『探偵小説のためのエチュード 水剋火』

Keith John / Rhythmic Energy(1995) / Priory Records
Keith John / Great European Organs No.10(1988) / Priory Records
Regis Allard / Heinrich Scheidemann(1992) / Arion
Andre Isoir, Les Demoiselles de Saint-Cyr & Emmanuel Mandrin / J. A. Guilain - Quatre suites pour le Magnificat(1997) / Radio France
Yves Castagnet / Yves Castagnet joue Marcel Dupre au grand orgue de Notre-Dame de Paris(2005) / Intrada
Pierre Labric / Demessieux: Six Etudes - Trytique - Te Deum(2010) / Solstice

 オルガン色々。ただし、聞きながら眠っているので、かならずしも全容が明らかではない。「十字架への道行き」をもう少し聞き込まないと。

« オープンスクールな土曜日 | トップページ | 里山歩きの土曜 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/52043591

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(6/20から6/24):

« オープンスクールな土曜日 | トップページ | 里山歩きの土曜 »