2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今月の本・雑誌(2012年5月) | トップページ | 久し振りに都会へ »

今週の音源(5/28から6/1)

Swallownest
 週初めは最悪。6時間程は眠ったはずなのに、意識が飛びそうになるし、頭痛もする。やっぱりこれは睡眠時無呼吸症候群か。昨年までと違い、車を運転する機会も増えるので検査に行くことも考えねば。

 うちのガレージのツバメもいよいよ巣立ち。1羽を覗いて、火曜日には巣を後にする。ただ、この日は寒気の影響で天候不順。夕方には2羽か戻ってきて、3羽に。翌日の朝には巣が空になっていたから、全部無事に巣立ったらしい。ただ、夜になると3~4羽は戻ってくる。巣が空になると寂しいので、まだ6月ということでもう一度繁殖する事を期待したい。

 同僚と話していて、会社の南側にある池にもヌートリアが棲息していることを知る。最近姿を見せないらしいのだが、3月くらいまではかなり頻繁に目撃されていたらしい。ヌートリアの活動時間は早朝と夕方なので、会社の帰りに池の方をまわってみよう。それとカイツブリについては、つがいが揃っていることと雛が無事に誕生していることを確認。楽しみが増えた。

 年貢を納める。上ものの査定額が下がることで少し税額が下がったが、地面の分も負担することになったので、トータルでは税額が少し増える。県民税・市民税の通知が来る。控除のあり方が変わって、こちらも増額。児童手当(子ども手当)開始と同時に控除廃止ならまだよかったのだけれど、時間差攻撃は現実問題としてはつらい。
Almondpoundcake
 今回の「biweekly sweets」はアーモンドパウンドケーキ。最近、マフィンとかシフォンとかちょっと軽めの焼菓子が続いたので、私にとっても基本に帰ってパウンドケーキを焼く。レシピは大川雅子さんのものを参考。型は高野山の帰りに大阪高島屋(正確にはテナントの富澤商店)で買った小さなローフ形の紙型を使用。焼いている途中で飾りのアーモンドは5粒にすべきだったと反省。でも、この紙型はうけたので、残り半分もまた使ってみよう。ケーキ自体も一応好評をいただく。

 次回作以降についてご助言をいただいた際、今回使用した型を買った富澤商店が神戸そごうにも入っていることを教えてもらった。三宮そごうの旧館は仔龍の好きな福砂屋があるのでそこそこ立ち寄っていたが、新館はほとんど行かなかった。昨年4月にオープンしたということだが、前の職場ではお菓子を作る気力が失せていたから、気づかないまま過ごしてしまったのだろう(だから駄目出しはご容赦願いたい)。

 富澤商店HPによると神戸店は「最大級の売り場面積を誇る」ものらしい。土曜日に元町で集まりがあるので、その前後に寄ってみることにしよう。しかし、こうしたご教示、紙ナプキンのかわいいのを用意するとの申し出、お土産のお裾分けと、どう考えても搦め手からお菓子を焼き続ける方向へ誘導されている。それはそれでいいのだ。

 今週はうちの職場でトライやる・ウィークを受け入れていた。直接中学生には関わらなかったが、いよいよ来週は仔虎もトライやる・ウィークでとある幼稚園に行く。最低限遅刻しないことと事故を起こさないことを祈りたい。

V.A. / Legends of Japanese Heavy Metal 80's(2003) / Victor
 FLATBACKER "Hard Blow"で始まり、E・Z・O "House Of 1,000 Pleasurs"で終わるコンピレーション。選曲に疑問はあるが、レコード会社の壁を越えているという点は評価。
E・Z・O / S.T.(1987) / Victor
E・Z・O / Fire Fire(1988) / Victor
 FLATBACKERはメジャーデビューして過激さが影を潜めたといわれている。渡米してE・Z・OになってからはプロデューサーがKISSのGene Simmonsだったこともあって、キャッチ-さもあった。ちょっとエキゾチズムが強調された"Flashback Heart Attack"のPVはMTVのヘヴィローテーションにもなり、LOUDNESSに続くかと思われたが・・。1stの"Kiss of Fire"と2ndの"Million Miles Away"を当時は良く口ずさんでいた。
ANTHEM / Anthem Ways(2001) / King Records
ANTHEM / Core : Best of ANTHEM 2000-2007(2007) / Victor
 アンセムも最近ライブに行っていない。もう一回くらいは見に行きたいなぁ。
さよならポニーテール / 空も飛べるはず・ビアンカ・恋するスポーツ(2012) / Epic Sony Records
0.8秒と衝撃。 / エスノファンキー・ドフトエフスキー・カムカムクラブEP(2010) / Evol Records
アーバンギャルド / 少女は二度死ぬ(2009) / 前衛都市
アーバンギャルド / 少女都市計画(2009) / 前衛都市
 タイプは違うけれど、ガーリーなバンド。さよポニ以外はちょっとパンク。
 さよポニはボーナスディスク付きのものを買う。そこにはヒャダインがリミックスした「無気力スイッチ」が収録されているのだが、全然無気力っていう感じがなく、あまり面白味がない。それはともかく、さよポニの「空も飛べるはず」PVはホラーです。

« 今月の本・雑誌(2012年5月) | トップページ | 久し振りに都会へ »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/54852445

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(5/28から6/1):

« 今月の本・雑誌(2012年5月) | トップページ | 久し振りに都会へ »