2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 病院の夜 | トップページ | 淤能碁呂島の休日 »

今週の音源(7/17から7/20)

 DEEP PURPLE、WHITE SNAKEのメンバーであったJon Lordが17日に71歳で亡くなった。EL&PのKeith Emersonと並んで少年時代の憧れであったKeyboard player。パープル以外の作品についてはほとんど接した事がなくて忠実なファンではなかったが、 LED ZEPPELINよりDEEP PURPLEが好きだったのはJonのオルガンがあってこそだった。Rest in peace, Jon.

For the Memory of Jon Lord
DEEP PURPLE / Mandrake Root(1968)~Speed King(1970)~Fire Ball(1971)~Highway Star(1972)~Child in Time(1971)~Burn(1974)

 ようやく、現場の開始立会に行く。正確には金曜が着工日だから、開始前立会。連休中にも思ったが昼間の太陽の眩しいこと。この眩しさに慣れないと何も始まらないのだが、正直言って炎天下での作業に耐える自信はない。それでも現場が始まる以上、歩く距離を長くして少しでも体を屋外仕様に近づける。

 現場に備えるのは体力的なものだけではない。少し起床時間を早くして一日のリズムを作っていく。通勤手段が電車から車に切り替わるので、家を出る時間を今より30分程度早くしないと、市内を抜けるのに余分な時間がかかり、朝から疲れてしまうからだ。電車に乗らなくなれば読める小説の量が減ってしまうが、仕事の上では本来の状態に戻るわけだから、文句も言えない。

 狐狸ヶ池のカイツブリは今も抱卵中。そろそろ孵化する頃だとは思うのだが。孵化が先か現場が本格的に稼働するのか先か、微妙なタイミング。一面、ガガブタと菱に覆われた池でカルガモがさかんに採食行動をとっていた。何を食べていたのだろう?

 薪能ワークショップの記事を読んだ方から、本格的な能楽マンガがある事を教えてもらった。成田美名子さんの『花よりも花の如く』という作品。この人も名前は知っているけれど、これまで読んだことのない漫画家さんの一人。2003年に1巻が出て、現在10巻まで刊行されている。お薦めということなので、機会を見つけてチェックしてみよう。マンガではないが、能楽ものと言われて山藍紫姫子が頭に浮かんだ私は変なのかなぁ。

 Sv.Michelsenのフレーバーティをお土産にいただきく。封を切っていないのに甘い香りが漂っている。開けるのは少し後になりそうなので、まずは保存措置を執る。

 仔虎と仔龍は今日が終了式。仔虎の通知簿はちょっと問題がありすぎ。欠席はしていないが、1日平均2時間授業を受けていない。授業を受けていないのにこの成績という見方も出来るが(担任の先生もそう思っている)、このままでは・・。趣味に生きるのは止めないが、自分の食い扶持は確保した上での話。仔龍は成績はまあまあだが、相変わらず集団登校が出来ないのが、心配。

Play List "Tarkus"
 Emerson, Lake & Palmer / Tarkus(1972)~ Ars Nova / Tarkus(1999)~Peter Banks他 / Tarkus(1999)~国分弘子 / Tarkus(1998)~Kokoo / Tarkus Variation(2000)~吉松隆・東京フィルハーモニー / Tarkus(2010)~Brass Extreme Tokyo / Eruption-Tarkus(2012)~Brass Extreme Tokyo / Tarkus Suite(2012)
 先週のプレイリストに新たに手に入れたBrass Extreme Tokyoの音源を加えてみた。クインテットなので、ちょっと音が薄く、テンポが少しゆっくり目。また、パーカッシブさを表現するのが管楽器では難しいのかもしれない。これがブラスバンドだと管の数が増え、打楽器もありになるのでかなり攻撃的になるのだろうけど。シエナウインドオーケストラ盤聴きたい。

Play List "Non-Schizoid men 2"
 King Crimson / 21st Century Schizoid man(1969)~MQ / 21st Century Schizoid man(2012)~Genesis / Dancing with The Moonlight Knight(1973)~MQ / Dancing with The Moonlight Knight(2012)~Emerson, Lake & Palmer / Karn Evil #9 1st Impression(1974)~MQ / Karn Evil #9 1st Impression part1(2012)~Pink Floyd / Set The Control for The Heart of The Sun(1968)~MQ / Set The Control for The Heart of The Sun(2012)~Pink Floyd / Money(1973)~Pink MQ / Money(2012)~Metallica / The Master of Puppets(1986)~MQ / The Master of Puppets(2012)~Genesis / Aftrerglow(1976)~MQ / Aftrerglow(2012)~King Crimson / In The Court of The Crimson King(1969)~MQ / In The Court of The Crimson King(2012)~YES / And You And I(1972)~MQ / And You And I-Cord of Life, Eclipse(2012)~King Crimson / Starless(1974)~MQ / Starless(2012)
 モルゴーア・クワァルテット(MQ)の『21世紀の精神正常者たち』には「愛」がある。『Destruction』(1998)にも「愛」はあったが、なお一層深まっている気がする。曲順は"21st Century Schizoid man"に始まり"Starless"で終わるという象徴性を鑑みて、『21世紀の精神正常者たち』に従い、オリジナルとMQを並べてみた。

« 病院の夜 | トップページ | 淤能碁呂島の休日 »

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/55240175

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(7/17から7/20):

« 病院の夜 | トップページ | 淤能碁呂島の休日 »